【精神科医師の仕事・残業・休み】ナースから見た精神科ドクターの印象

精神科看護師の私から見える、精神科医についてわかることをご紹介します。あくまで看護師から見える範囲ですので、ご了承ください。

精神科医の仕事

外来診察

外来診察は、患者と精神科医の出会いであり、治療の始まりです。
初診は患者さんの話を聞いて、診断します。
私の知っている精神科医は、初診は2時間とってじっくり話を聞くと言っていました。
それくらい患者さんの話を聞くということが大切なんですね。
軽症であればそのまま外来で様子をみていくでしょうし、重症であれば入院治療を勧めることになるでしょう。

入院治療

入院することになれば、病棟でカンファレンスを行います。この時点で患者さんの情報を知っているのは担当の医師だけです。その情報や治療方針、治療上の注意点などを病棟スタッフ全員に周知、共有します。

精神科では対応自体が治療になったり、症状を大きく左右することもあり、個別的な対応がとても大切だからです。

入院治療中は、患者さんの診察、また看護師からの情報を受けて、治療の効果を判定します。それによって内服の増減や、治療方針の変更、退院の目処など考えていきます。

インフォームドコンセント

そしてそれら一つひとつ、患者さんへ説明することも大切な医師の仕事です。
医師からの説明があるかないかで、患者さんの病気や治療に対する受け入れ具合は大きく変わってきます。
薬が一つ変わっただけでも、「先生から聞いていない!そんな薬飲まない!」と服薬拒否をする患者さんは少なくありません。
スタッフ全体への信頼に関わることなので、患者さんとのコミュニケーションを怠らないように、丁寧な説明を心掛けて頂きたいです。

医療処置

医師であるからには、当然医療処置も行います。
時には急変時の対応や死亡処置もあります。
他科と比べると少ない事は事実ですが、無いわけではないので、心の準備は必要ですね。

精神科での事件の対応

精神科病棟では、実に様々な事件が起こります。
例えば、患者さん同士の喧嘩、脱走、自傷行為、衝動行為。
これらの事件の対応も医師の仕事の一つです。

時には患者さんの話をじっくり
聞いて解決策を考えたり、
時には自転車に乗って患者さんをあちこち探し回ったり、
患者さんが暴れた時には、押さえる要員に借り出されることもしばしば。
一般的な医療処置だけではないので、こんなことも!?と面倒がらずに付き合ってくださいね。

入院形態、行動制限の指示

入院する場合には、入院形態を考えなくてはいけません。
また、「行動制限」といって、患者さん一人一人に応じた指示が必要です。
これらは、法律によって定められており、精神科で働くに当たって最も大切な事柄の一つです。
拘束指示や隔離指示など、カルテや書類の記載と合わせて、絶対に押さえておく必要があります。

イベント参加

精神科病棟では、季節のイベントを大切にしているところが多いと思います。
クリスマスにはサンタクロースの格好をして出し物をする、なんてこともあるかもしれません。
ノリノリでお願いしますね(*^^*)

精神科の医師の特徴

人との関わりが好き

私が見てきた精神科医の多くは、人と話すこと、接することが好きな人が多いです。
看護師のこともいつも気にかけてくれ、気さくに話してくれる印象です。

人と自分を切り分けて考えられる

とても優しく話を良く聞いてくれるのですが、人と自分をしっかりと切り分けて考えているようにも感じます。
たくさんの患者さんの話をまともに全部受け止めていては、きっと自分の心が潰れてしまいます。
話を聞きながらも、飲み込まれないようしっかりと線を引いて、客観的に考える能力が必要なのだと思います。

自分の心の健康を大切に

中には、精神科医自体が精神的にしんどくなって仕事ができなくなった、という人も何人かおられました。(少し休んでから復帰されました)
自分が潰れてしまっては患者さんの治療なんてできません。
まず、自分の心と体を一番に大切にしてください。

そのためか、精神科医は多趣味な人が多いです。

残業なしで仕事は定時で終わらせて、アフターファイブを楽しむ。休みの日はがっつりアウトドア!なんて人が多いです。

意識的か無意識でかはわかりませんが、やはり精神科医として、自分の心の健康を保つことが得意なのかもしれませんね。(急変などか少ない精神科だからこそできる利点かもしれませんが)

精神科は楽しい!

精神科病棟の患者さんは、実に様々な症状や人格の方々がおられます。
精神科医は、医療行為だけに留まらず、それらの患者さんに専門的な知識に基づいて臨機応変に対応していくことが必要です。

毎日驚くような出来事が起こり、目まぐるしく変化していくので、退屈することはないでしょう。
精神科と一言でいっても、急性期、回復期、慢性期、病院によって特徴や患者層は様々です。
自分に合った病院で楽しく精神科で働けると良いですね。

医師向けの転職会社一覧

こちらのサイトで医師転職サイトの比較を体験ベースでされているので、参考にしてみて下さい。

常勤の求人をお探しなら

・JMC

非常勤だけでなく常勤案件も豊富で対応の速さが良いらしいです。

・エムスリー

医師転職会社の最大手ですね。

・Dr転職ナビ

社員さん全員が医療経営士の取得を義務付けられている、教育熱心な会社さんです。

・リクルート

転職会社としての歴史があるので個人情報の取扱とかきちんとしてくれそう!

アルバイト求人をお探しなら

・MCドクターズの登録はこちら

全国に拠点を展開しており、精神科のスポット案件も豊富です。

・民間医局の登録はこちら

医師転職業界の古株で、周りでも使っているお医者さんが多かったです(^^)

・ドクタービジョン

スポットバイトの案件は少ないですが、精神科の定期非常勤の案件がたくさんあります。

精神科で働くメリット~精神科は楽?~

私が考える精神科で働くメリットをまとめてみようと思います。

患者さんとじっくり関わることができる

精神科は、医療行為よりも生活援助やコミュニケーションを行う機会が多くあります。
それらを通して、患者さんとゆっくり関わることができます。

一般科では、バタバタしていて患者さんとゆっくり関わる時間を取れないことや、
充分な看護を提供できなことに
申し訳なさやはがゆい気持ちを抱えてしまう看護師さんも多いと思います。

でも、精神科では関わること自体が治療であり看護です。
一人ひとりと向き合いながら一緒に考えたり、見守ったり、存分に関わることができます。

患者さんともっとゆっくり関わりたい、丁寧な看護を提供したいと思っている看護師さんには、
とても良い環境だと思いますよ♪

看護師の専門性を発揮できる

精神科では、看護師の役割がとても重要であり、
看護力で精神科の治療が決まると言っても過言ではありません。

医師も看護師の持っている情報を非常に重要視しています。
医師の指示に従って動くのではなく、看護の視点を持って考えて、
対等な立場で意見を交わすことができますよ。

精神科の治療では、看護師の観察力と判断力が問われます。
患者さんのちょっとした変化を見逃さずに、臨機応変な対応ができるようにしたいですね。

精神科は、医療行為よりも患者さんとの関わりや生活援助が多い科です。
その中で、個別的な看護を考え、提供しながら必要な情報を得て
治療に反映させていきます。
看護師の専門性を思う存分発揮できる科だと思います(^^)

身体的に業務が楽、残業が少ない

よくイメージである通り、他科と比べると精神科は業務が身体的に楽だと思います。

理由は、
・身体的な処置が少ない
・ADLが自立している人の割合が多い
・生死を争うような重篤な場面はほとんどない

これらが考えられます。
何も起こらない日は、本当に何もありません。
夜勤でも、落ち着いていれば見回りだけで終わるような素晴らしい日だってあります。

もちろん、日によって忙しい日もありますが、
基本的には業務に余裕があることが多いです。
そのため、残業もほとんどなくプライベートの時間を充実させることもできます♪

小さなお子さんがいらっしゃる方や、年とともに体力がなくなってきたという方、
余裕を持って仕事をしたいという方には
オススメだと思います(^^)

人間関係が良い

私が今まで見てきた精神科で働いている人は、
医師も看護師もその他のスタッフも皆優しい人たちばかりです(^^)
病棟はとても和やかな雰囲気で居心地が良いですよ。

人間、忙しいとどうしてもピリピリしてしまったり余裕がなくなって
周りへの配慮ができなくなってしまいます。
だからよく看護師は怖いって言われるんですよね^^;
でも、精神科病棟は、上にも挙げたように業務に余裕があることが多いです。

また、精神科を目指す人は元々優しい人だったり穏やかな性格の人、
人の気持ちを大切にしようとする人が多いように思います。

そして治療を行うためにはスタッフ同士の協力が欠かせない科でもありますので、
先輩後輩関係なく、皆協力して仕事に取り組んでいます。

最初に外科で働いていた時は、先輩が怖すぎて
勤務が被らないかを毎日ビクビクしながら確認していました^^;笑
でも、精神科ではそんな必要はなく、のびのびと仕事ができていますよ☆

ストレスが少ない

看護師として働いていて、ストレスが溜まるのってどんな時ですか?
仕事が忙しくて余裕がない、毎日疲れて帰って寝るだけ、
生死を扱う仕事に責任を重く感じる、先輩がこわい…

色々理由はあると思います。
しかし、今まで挙げたことを振り返ると、精神科はほとんど当てはまりません。

つまり、業務的にも人間関係的にもストレスがかかりにくい科だと私は思います。
ストレスの感じ方は人によっても異なるので一概には言えませんが、
精神科で働くことでストレスの対処能力も長けてきます。
これも大きなメリットの一つですね☆

精神科の技術はプライベートで活かせる

精神科で身につく技術は、コミュニケーション能力や対人関係能力、
自分自身のストレス対処能力などが大きいと思います。

これらは、仕事中だけではなく、プライベートでも大いに活かすことができます。

以前、精神科医の先生から言われて非常に胸に残っている言葉があります。
「精神科で学んだことは、他の科にうつったとしても、仕事を辞めたとしても一生役に立つよ」

この言葉は本当にその通りで、精神科で今学んでいることは、
看護師人生としてだけではなく、
人として大きく成長できる要素だと思っています。

そう考えると、絶対に無駄にならないし頑張ろうって私は思えます(^^)

デメリットは?

このように、精神科で働くメリットはたくさんありますね。
逆に、デメリットを考えてみましょう。

・医療行為が少ないため、技術が身につきにくい
・患者さんとの関わりに疲れることもあるかもしれない
・患者さんからの暴言、暴力の危険性が少なからずある
・ゆっくりすることが苦手な人には物足りないかもしれない
・お給料が高くない

これらのことが考えられます。
当然ではありますが、良い面もあれば、良くない面もあるということですね。

自分が何をしたいと思っているのか、何を望んでいるのかを考えれば
自ずと答えは出てくるかもしれませんね☆

もし、一人では決めきれなくて迷っているというのであれば、
看護師転職会社に登録すれば相談に乗ってもらえます♪
自分に合った病院も探してもらえますよ。
利用は無料なので、気軽に活用してみてくださいね(^^)

私は精神科ナースに向いている?

精神科で働いてみたいけれど、私は向いているんだろうか?
働いてから合わなかったらどうしよう…
と悩んでいる方がいらっしゃるかもしれません。

そのような悩みを持っている方に対して、お伝えしたいことがあります(^^)

性格はどんな人でも大丈夫

精神科で働くからといって、特別な性格や特徴があるわけではありません。
たくさんの看護師さんがいますが、本当~に色んな人がいますよ(^^)
みんな同じだったら逆にびっくりしませんか?

色んな人がいて良いんです。
患者さんだって、色んな人がいます。
それぞれの相性だってあるでしょうし、
看護師によってアメとムチのような存在がいても良いと思うし、
色んな人がいて人間関係の調和が保てるんだと思います(^^)

だから、そんなに深刻に考えなくても大丈夫ですよ☆
総合病院だったら、希望もなく勝手に異動させられて来る人だっていますし、
それでもみんなやっていけてますからね(^^)

やるからには、興味を持つ

精神科で働くことになったら、毎日なんとなく過ごすのではなく、
興味を持って働いてもらえたら嬉しいです。

精神科は、難しい技術を必要としたり、
救急のような切羽詰まった場面に遭遇することは
それほど多くありません。

そのため、なあなあに過ごそうと思えば過ごせてしまう科でもあると思います。
これは本当にその人の心がけ次第だと思います。

楽に働きたいから精神科を選ぶ、というのも悪いこととは言いません。
でも、それでは精神科の楽しさもやりがいも味わえないと思うのです。

せっかく何かの縁で精神科に入ったのであれば、まず興味を持ってみてください。
興味を持つと、疑問が生まれると思います。
疑問が生まれると、考えますよね。
次に同じような場面に出会った時に試してみる。
そうすると、学びができたり新たな疑問が出てきたりしますね。
この繰り返しだと思います。

学びができると、楽しさも増していくと思います。
ぜひ、自分自身が楽しく働けるために興味を持ってみてください☆
こうしているうちに、きっとあなたも精神科の虜です(*^^*)

規則と約束は必ず守る

ひとつだけ注意をしてもらいたいのは、規則と約束を守ることです。

規則や約束を守るというのは、社会人としてもちろん当然のことですが、
精神科病棟で働くに当たってもとっても大切なことなんです。

精神科病棟では、特有の規則というものが存在します。
その病棟全体の規則であったり、
患者さんそれぞれに、治療契約としてのルールというものも存在します。

その規則を看護師が破っていては患者さんは混乱してしまいます。
看護師への不信感や、治療の妨げにも繋がります。

患者さんは、私たちが思っている以上に看護師をよく見ています。
患者さんに指導する立場として、自分自身がまずしっかりと規則や患者さんとの約束を守り
信頼を得られるようにしなければいけませんね。

基本的なことではありますが、忙しいと意外と疎かになったり
ついうっかりしてしまうこともあるかもしれません。
忙しくても、規則と約束は必ず守るようにしなければいけませんね(^^)

 

最初に、性格はどんな人でも大丈夫と述べました。
性格以外の点で付け加えるとしたら、
・精神科に興味を持てる
・規則と約束を守れる

この2つではないでしょうか?
私はそう思います。

この2つは、どんな科、ましてや看護師以外の職業であっても、
働くのであれば必ず必要なものだと思います。

つまり、精神科の看護師に必要なことは、
何か特別な性格や特徴というわけではなく、
やりたいという気持ちが一番だということです。

今、この文章を読んでくださっているということは、
精神科に少なからず興味がある方だと思います。
十分、素質を持っておられるのではないでしょうか(*^^*)

精神科で働きたいと思ったら、看護師転職サイトに登録して、
自分に合った病院を探しましょう♪

精神科病棟では、男性ナースはモテモテ!?

男性ナースの皆さん!!

精神科では、男性看護師を非常~に待ち望んでいます(*´∀`)
少しでも興味があるなら、ぜひとも精神科に携わってみませんか?

精神科における、男性看護師の重要性をお伝えしたいと思います☆

男性看護師の存在自体が大きい

まず、男性看護師の存在自体に大きな意味があります。
何もしていなくても、立っているだけ、存在があるだけで違います。

暴言暴力がある患者さんがいたとします。
本当に我を忘れてしてしまっている人は別ですが、
周りの状況や、対応する人などを見て行動を起こす人もおられます。

そのような時に、男性看護師の存在があるだけで、
患者さんは「今したらダメ」と思うのか、おとなしくなったりします。

例えるなら、お母さんの前では我儘放題だけど、怖いお父さんの前だと言うことを聞く
子供のような感じでしょうか?^^;

そのためにも、患者さんの前では(嘘でも良いので)どーーんと構えていてほしいですね☆

そして、本当に暴れてしまった時でも、男性の力があるのとないのとでは大違いです。
一見、か弱そうなおじいちゃんおばあちゃんであっても、
我を忘れて暴れる時の力はものすごいです。
そんな時、必要な処置(場合に応じて点滴や注射、抑制など)を行う間
一時的に押さえてくれる男性看護師の姿はとっても頼もしいです。
(状況にもよりますが、このような時は男性スタッフが押さえてくれている間に
女性看護師が準備や処置を行うことが多いです)

女性看護師からしても、男性看護師と一緒に勤務をしている時は
何も起きなかったとしても安心感があって嬉しいものなんです(^^)

セクハラ患者さんへの対応

一部の患者さんではありますが、女性の看護師に対してセクハラ発言やセクハラ行動をしてくる方がおられます。
発言くらいは(私は)そんなに気になりませんが、さすがに行動を起こされると困ります。
もし本気でこられたら力では敵わないですからね。

精神科の患者さんは、「脱抑制」といって
自分では感情や欲求が抑えられなくなってしまうことがあります。
性的な欲求が強いと、性的逸脱行動(状況に関係なく異性の体を触る、卑猥なことを言う、露出する、性行為を迫るなど)
に出てしまうことも少なくはありません。

このような行動が強く出ている患者さんには、男性看護師に対応してもらえると
女性看護師はとても助かります。

脱抑制症状がある患者さんを、検査室へ連れていって検査を受けていた時のことです。
患者さんが、女性の検査技師さんの体を触ろうとしてなかなか検査を行うことができなかったんです。
病棟から男性看護師を呼んで対応してもらったのですが、
患者さんはその検査の間ずっと男性看護師の胸を揉んでいたそうです(笑)
その男性看護師は、検査を早く終わらせる為に必死で耐えてくれました^^;

本人は嫌だっただろうけど、周りからしたらちょっと笑っちゃいますね( ´∀`)
いつも体を張って患者さんと向き合ってくれている男性看護師に本当に感謝です☆

女性患者さんからみたら、男性看護師はアイドル!?

これも女性の患者さんの中でも極一部ですが、
女性の看護師に対しては態度が素っ気ない方がいらっしゃいます。
どこの世界でも、女性同士っていざこざする時があるんですね^^;

そんな患者さんでも、男性看護師の前ではニコニコと乙女な表情を見せてくれたりします。
例えるなら、女性の前では悪態ばっかりつくけれど、男性の前ではぶりっ子するOL女性、
という感じでしょうか?^^;

そのような方でなくても、やっぱり女性の患者さんからは
男性看護師はかっこよく(可愛く)見えるみたいですし、モテモテですよ(^^)
「〇〇くんとなら散歩行く」とかね♪

ただ、恋愛感情を持たれやすいということもあるので、
そこは注意して距離を持って患者さんと接してくださいね。

女性看護師からもモテる!?

精神科で男性看護師は、いざという時に本当に頼りになる存在です。
患者さんが暴れている時に率先して前に出てくれたり、
対応の難しい患者さんでも男性がいけばコロっと可愛らしくなったり、
精神科には欠かせない存在です。

自分が困っている時にそんな頼もしい姿を見てしまうと、
普段は全然かっこよくない男性スタッフでも、
その時は目の錯覚でカッコよく見えるんです。本当に。

これは…惚れてまうでしょ( ´∀`)笑

看護師の職場は女性が多く男性が少ない傾向があるので、
ライバルも多くありません。
もし素敵な女性がいれば、どんどん自分の頼もしい姿を見せてアピールしていってくださいね☆笑

実際、病棟内で看護師同士で付き合って結婚した夫婦もいます(^^)
そして今も若いカップルが生まれて、今後の進展を楽しみにしているところです♡

患者さんからも看護師からもモテるなんて、最高ですね♪

男性看護師自身も働きやすい環境

他の科で働いたとしても、もちろんどこの病院も歓迎してくれるでしょう。
それは、男性とか女性とか関係なく、一看護師として頼りにされているのだと思います。それも素敵なことですね。

しかし、精神科での男性看護師は、男性という存在自体が既に有り難いのです。
男性ならではの役割りがありますし、自分の存在価値をより感じられるのではないでしょうか?(^^)

また、他の科であれば、病棟に男性が一人だけ…という環境も珍しくないですよね。
女性だらけの環境には既に慣れているかもしれませんが、
精神科は男性看護師の割合が高いので、
病棟内での男性同士の付き合いも多くて、見ていて楽しそうですよ☆

働く期間を考えてみても、男性は女性よりも看護師を長く続けていく人が多いと思います。
特に結婚して子供が生まれたら、簡単に辞めることも難しいですよね。
精神科は人間関係も良く、業務的、体力的にもそれほど過酷ではないので
長く続けやすい科だと思います。
その点も、精神科で働くメリットの一つではないでしょうか?

私が知っている男性看護師の多くは、
「一度精神科を経験すると、もう辞められない」
と言っている人が少なくありません。
それほど、やりがいと楽しさがあるのでしょうね(^^)

 

上に述べてきたように、精神科では男性看護師は本当に頼りにされています。
どこの精神科病院でも男性看護師をきっと待ち望んでいますよ(^^)

ぜひとも、一緒に精神科で働けることを願っております☆

精神科で働きたいと思ったら、看護師転職サイトに登録して
自分に合った病院を探しましょう♪