履歴書の志望動機の書き方【精神科看護師への転職】

スポンサードサーチ

前回、精神科看護師の志望動機は何でも良い!
と書きましたが、実際に転職するとなると履歴書の志望動機の欄は避けては通れません。
さすがに「楽そうだから」とは書けないですよね^^;

他の人がどう書いているかはわかりませんが、私が精神科病院へ転職した時の志望動機を一例として挙げておきます。
最初に言っておきますが、どこかの優れたサイトに載っているような模範の回答では全くありません。
面接官の気持ちもわからずに書いているので、何の参考にもならないかもしれませんが、
こんなのでも面接受かったんだ…という程度に見てください。

また、私は今の病院の前に大学病院の一般科と精神科で働いていた経験があるので、そのことを書いています。

「一般病棟では、周手術期や癌看護を通して身体的な知識や技術を学びました。癌や終末期の患者様と関わる中で心のケアの大切さを感じ、精神看護に興味をもちました。その後精神科に配属され、改めてコミュニケーションの大切さや、個別的な看護の重要性を再認識しながら取り組んでまいりました。また、精神科では多職種も含めてスタッフ同士の情報共有を密に行い、チーム全体で患者様へ関わる姿勢が身についたと思っています。しかしながら、急性期の病院であったこともあり、精神看護の極一部にしか携われていないと感じています。治療を行うだけでは、退院後に再発のリスクが高く、継続した支援が必要だとも感じました。貴院では、退院支援や退院後の継続した支援にも力を入れて取り組んでおられるところに魅力を感じました。これまで得た知識を活かしながらも学びたい気持ちが強く、志望いたしました。」

スポンサードサーチ

とこんな感じのことを書きました。

一応気をつけた点としては、
・今まで何を学んできたかを書く
・病院の特性をHP上や看護師の転職会社さんから情報を得て、それに合わせて今後何を学びたいかを明確に書く
・協調性があることをアピールする
・学ぶ姿勢があることをアピールする

という以上の4点です。

一応一生懸命考えて面接に臨みましたが、志望動機については特に何も触れられることなく面接は終わりました。
その時はちょうど看護師が足りていなかったようなので、多分よっぽどでなければ落ちなかったんじゃないかと勝手に思っています(*´艸`*)

履歴書の書き方についても、転職会社さんからアドバイスをもらったり、直前にチェックもしていただけたので心強かったです。
書き方に困ったら転職会社さんに相談してみるのも良いですね。

こんな感じですが、もし少しでも参考になれば幸いです。
面接を乗り切って、一緒に精神科で働きましょう(*^^*)

 

精神科ナースのココ

投稿者: 精神科ナースのココ

大学病院の精神科で勤務した後、現在は単科の精神科で日々勉強しています。「精神科で学んだことは、仕事を辞めても一生役に立つよ」というドクターからの励ましを胸に、精神科での看護を楽しんでいます(^^) これまでの職歴や自己紹介はこちらです。   >>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です