新卒看護師の転職サイト選びを考える

スポンサードサーチ

こんにちは。宮下です。

寒さしびれる2月中旬。花粉なんかも飛散し始めて、花粉症の私は悲惨な日々が待っています。
看護師国家試験も終わり、最終学年の方はホッと肩を撫で下ろしながら、試験結果が不安に思っている方も多いことでしょうね。
まずは受験生だった方、お疲れ様でした★

さて今回はそんな新卒看護師へ向けたお話。
新卒看護師の転職サイト選びについて、色々考えてみたいと思います。

 

就職活動先選びどうしてる?

看護師としての第一歩となる、新卒の入職先病院ってどうやって決めましたか?
私がコンサルタントでお会いした方の多くは、「奨学金のお礼奉公先だから、就職活動という活動はしませんでした」という看護師さんでした。

新卒看護師の就職活動は大きくこのように分けられるようです。
・奨学金をいただいた病院への就職
・実習先の病院
・看護学校の先輩看護師が勤めている病院
・地域の基幹病院、公的病院
・大学病院や有名病院

奨学金をいただいた病院、実習先の病院、先輩が勤める病院はいずれも身近な病院なので、就職先としてイメージしやすいですよね。
新卒で働くイメージができるので、安心して選べる点は非常に魅力です。
どこの急性期病院も、新卒看護師は喉から手が出るほど欲しい人材です。入職してもらった看護師を輩出している看護学校へ行脚活動も行っているため、学校内でも先輩看護師の病院名は目につくのではないでしょうか?

Uターンで就職活動をする地方出身の看護学生は、自分の地域でも大きい病院(基幹病院)に就職する方が多いです。
地方都市では公的病院が一番大きな病院であり、地域の急性期医療も担っていることが多いため、看護学生が公的病院を就職先として選ぶのは自然なことです。

看護学生の時の先生は、新卒から3年は急性期病院で働きなさい!なんて教えが、普通ではありませんでしたか?
「私の新人時代は、今よりももっと大変だったわ。」なんて昔話も交えながら。日常的にそんな話が出ていれば、新卒看護師は急性期病院を視野に就職活動を進める看護学生が多いのもうなずけます。

もちろん先生のおっしゃることはごもっとも。急性期病院での急変対応、アセスメント力は別に急性期病院だけに役立つわけではなく、回復期リハ病院、療養病院、精神科病院、どこの病院でも必要とされる能力です。
看護師としてのキャリアを広げるために…と言われれば、急性期病院で3年間教育を受けることは間違いではないと、私自身も転職支援をする中で感じた印象です。

しかしここで、本当に新卒看護師=急性期病院で就職活動を進めることが正しい!と言い切れるのか…そこには正直疑問があります。

だって実際に転職支援をしていると、「新卒看護師で◯ヶ月の経験ですが、転職したいです。もっとゆっくり働ける病院がいいです。」と転職の相談をいただくことが多いこと!!
新人看護師の話を深掘って聞いていくと、「自分の正確では急性期病院は合わないと思っていたけど、周りの流れや先生の勧めもあって急性期病院に入職してしまった。」そうです。まさに先生の啓蒙活動の賜物(笑)

客観的に見れば、自分の働く職場のことだから、もっと真剣に考えなさい!!と、活を入れたくなりますよね。
しかし今でこそ思いますが、私も20才そこそこの若い頃は「何がやりたい」「将来こうなりたい」なんて考えられなかったので…新人看護師のお気持ちもお察しいたします(笑)

これ以上、そんな不幸な新卒看護師を増やしたくないな~と、コンサルタントをしていると痛切に感じるのです。

精神科を選ぶ看護師ってどう思う?

さぁそんな不幸な看護師さんを尻目に、精神科を選ぶ看護師っているの!?そんな疑問もあります。
先の話でも出たように、精神科を選ぶ看護師は奨学金をもらっているケースが非常に多いです。
どこの病院にも多かれ少なかれ看護師の奨学金制度を持っていることも多いです。
精神科は不思議と看護助手をまず准看護師にし、その後正看護師を取得させるケースが多いです。
男性が多いので、2年で資格が取得でき、早く給与が高くなるように准看護師から選択する方も多いのかもしれません。
が…正直コンサルタントとして感じるのは、お礼奉公期間を引き伸ばすことで、看護師の定着を上げること…という病院側の都合も透けて見えるように感じます(汗)

准看護師として2年お礼奉公し、高看学校2~3年の学生中は准看護師として働きながら学生をし、更に正看護師取得後に2~3年のお礼奉公をする。
つまり准看護師のお礼奉公からトータル4~5年は看護師として人材確保ができる!
精神科の場合は看護基準も15:1、20:1、25:1と急性期病院に比べると低いので、准看護師の比率が高くとも問題ありません。

スポンサードサーチ

では純粋に新卒看護師で精神科を希望する方はいるのは?
もちろん、答えは「います!」です(笑)

精神科はすごく特殊な医療現場だと思います。
実習の時に驚いた方も、絶対に精神科だけは働けないという方も多いのが精神科。
その半面、精神科病院での看護業務に魅せられる方がいるのも精神科の不思議です。
実際に働く看護師の話では、急性期病院よりも比較的医師に対等な立場で物が言えたりする病院もあるため、看護師として、ひいては医療従事者としてのやり甲斐に繋がるのだそうです。

しかし実際の精神科病院というのは、言葉は悪いですが…ピンキリです。
そこで新卒看護師として、こんな精神科を選ぶべし!と思うのは、
・公的な精神科病院
・スーパー救急を持つ精神科病院
・教育、委員会、看護研究などきちんと行っている精神科病院
この3つは、選択肢の中に入れていただきたいです。

1つ目、2つ目は少し話が共通しますが、やはり精神科といっても急性期から慢性期、特殊なケースまで幅広い症例を看られることは、精神科看護師としての学びに繋がります。
精神科病院とは言っても、実際は社会的入院の患者様が大半を占めており、実は療養病棟みたいなところ…これでは、本質的な精神科医療を学べません。

3つ目の教育や委員会なども、実は大切な要素です。
看護師さんに聞くと、勉強会や委員会活動はやりたいくない方も多いですが、勉強会がないのは学びがない病院です。
それに委員会活動が確立されていない病院は、安全などの面でも守られていない組織であるようなものです。
精神科病院は一般病院に比べると准看護師の比率が高いことからも、教育がおざなりになっているケースが多く見られます。
きちんと学べる病院を、新卒看護師には選んでいただきたいのはコンサルタントとしての本音です。

転職サイトを使うメリットとデメリットについて

就職活動先については、色々考えてきました。
昨今「看護師 就職」「看護師 転職」と調べると、転職サイトや看護師紹介会社のサイトがたくさん出てきます。
そこでフト、新卒看護師でも紹介会社って使えるの?って思ったことがありませんか?

紹介会社は、ある程度経験のある看護師向けのサイトであることが多いです。
しかし新卒看護師の求人がまったくないわけではありません。

転職サイトを使うメリット

実は忙しい看護学生時代。
実習、レポート、予習に復習。ここに更に就職活動となると、なかなか時間が確保できません。
でも就職先として、どんな病院があるか色々な情報もGETしたいですよね。

そんな時、大学病院から療養、リハ、精神科病院まで数え切れないほどの求人と病院の情報を持っている紹介会社は、目からウロコの存在です。
実際に働く人の話も聞けるし、病院の説明会では聞けない裏情報も知ることができます。
そして希望を伝えれば、複数の病院を紹介してくれ、更には面接や見学の調整まで希望の日程で行ってもらえるので、スムーズに就職活動を行えるのが、一番のメリットと言えます。

転職サイトを使うデメリット

一番のデメリットは、新卒看護師の場合はたくさんの求人から選べるほど、求人がないことです。

先にもお話した通り、経験者の求人を多く持つのが紹介会社です。
新卒看護師は紹介会社経由で採用しないという、大学病院などもあります。
そこは上手に情報を得ながら、就職活動を進めていくのが良いでしょう。

転職サイト選びまとめ

ネット上では、たくさんの紹介会社があります。
大手から個人の会社まで様々ですが、サイト選びをする時のポイントにしていただきたいのは、
・名前を聞いたことがある会社(大手の紹介会社)
・サイトの情報が見やすい会社
・掲載求人が多い会社
・最新の情報に更新している会社
・コンサルタント情報がある会社
これらを目安に、自分の合った紹介会社のサイトを見つけていただければと思います。

紹介会社への登録は、決して1ヶ所でなければいけないということはありません。
紹介会社によって持っている求人も情報も異なります。
同じ条件で登録をしても、案内される病院は全く違うこともよくある話です。

担当コンサルタントとの相性も含め、2~3社くらいを目安に就職相談をしてみることも良いでしょう。

具体的な転職会社の特徴についてはこちらでまとめています。

ナース転職会社勤務のハナコ♪

投稿者: ナース転職会社勤務のハナコ♪

看護師の転職会社に勤務中で、看護師さんに転職アドバイスをさせて頂いています。10年に渡って病院と看護師さんからいじめて頂き、日々神経を消耗しています。ブラックな仕事でストレスが溜まることもありますが、実は私のブラックなストレスを知っていただくことは、皆さんの転職先選びのポイントになったり、面接での通過率をアップさせることにも繋がります。コンサルタント業務の中でなかなか本音で言えないことを、ここではお伝えしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です