私は精神科ナースに向いている?

スポンサードサーチ

精神科で働いてみたいけれど、私は向いているんだろうか?
働いてから合わなかったらどうしよう…
と悩んでいる方がいらっしゃるかもしれません。

そのような悩みを持っている方に対して、お伝えしたいことがあります(^^)

性格はどんな人でも大丈夫

精神科で働くからといって、特別な性格や特徴があるわけではありません。
たくさんの看護師さんがいますが、本当~に色んな人がいますよ(^^)
みんな同じだったら逆にびっくりしませんか?

色んな人がいて良いんです。
患者さんだって、色んな人がいます。
それぞれの相性だってあるでしょうし、
看護師によってアメとムチのような存在がいても良いと思うし、
色んな人がいて人間関係の調和が保てるんだと思います(^^)

だから、そんなに深刻に考えなくても大丈夫ですよ☆
総合病院だったら、希望もなく勝手に異動させられて来る人だっていますし、
それでもみんなやっていけてますからね(^^)

やるからには、興味を持つ

精神科で働くことになったら、毎日なんとなく過ごすのではなく、
興味を持って働いてもらえたら嬉しいです。

精神科は、難しい技術を必要としたり、
救急のような切羽詰まった場面に遭遇することは
それほど多くありません。

そのため、なあなあに過ごそうと思えば過ごせてしまう科でもあると思います。
これは本当にその人の心がけ次第だと思います。

楽に働きたいから精神科を選ぶ、というのも悪いこととは言いません。
でも、それでは精神科の楽しさもやりがいも味わえないと思うのです。

せっかく何かの縁で精神科に入ったのであれば、まず興味を持ってみてください。
興味を持つと、疑問が生まれると思います。
疑問が生まれると、考えますよね。
次に同じような場面に出会った時に試してみる。
そうすると、学びができたり新たな疑問が出てきたりしますね。
この繰り返しだと思います。

学びができると、楽しさも増していくと思います。
ぜひ、自分自身が楽しく働けるために興味を持ってみてください☆
こうしているうちに、きっとあなたも精神科の虜です(*^^*)

スポンサードサーチ

規則と約束は必ず守る

ひとつだけ注意をしてもらいたいのは、規則と約束を守ることです。

規則や約束を守るというのは、社会人としてもちろん当然のことですが、
精神科病棟で働くに当たってもとっても大切なことなんです。

精神科病棟では、特有の規則というものが存在します。
その病棟全体の規則であったり、
患者さんそれぞれに、治療契約としてのルールというものも存在します。

その規則を看護師が破っていては患者さんは混乱してしまいます。
看護師への不信感や、治療の妨げにも繋がります。

患者さんは、私たちが思っている以上に看護師をよく見ています。
患者さんに指導する立場として、自分自身がまずしっかりと規則や患者さんとの約束を守り
信頼を得られるようにしなければいけませんね。

基本的なことではありますが、忙しいと意外と疎かになったり
ついうっかりしてしまうこともあるかもしれません。
忙しくても、規則と約束は必ず守るようにしなければいけませんね(^^)

 

最初に、性格はどんな人でも大丈夫と述べました。
性格以外の点で付け加えるとしたら、
・精神科に興味を持てる
・規則と約束を守れる

この2つではないでしょうか?
私はそう思います。

この2つは、どんな科、ましてや看護師以外の職業であっても、
働くのであれば必ず必要なものだと思います。

つまり、精神科の看護師に必要なことは、
何か特別な性格や特徴というわけではなく、
やりたいという気持ちが一番だということです。

今、この文章を読んでくださっているということは、
精神科に少なからず興味がある方だと思います。
十分、素質を持っておられるのではないでしょうか(*^^*)

精神科で働きたいと思ったら、看護師転職サイトに登録して、
自分に合った病院を探しましょう♪

精神科ナースのココ

投稿者: 精神科ナースのココ

大学病院の精神科で勤務した後、現在は単科の精神科で日々勉強しています。「精神科で学んだことは、仕事を辞めても一生役に立つよ」というドクターからの励ましを胸に、精神科での看護を楽しんでいます(^^) これまでの職歴や自己紹介はこちらです。   >>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です