精神科看護師のお給料ぶっちゃけます

スポンサードサーチ

みんなのお給料、気になりますね。
転職を考えるのであれば、病院を選ぶ基準にもなりますよね。

いくら精神科に興味があって働きたくても、実際は生活もあるしお給料もそこそこほしい…
と思うのは、きっと私だけではないはずです(^^)

参考になるかわかりませんが、精神科で働いている私のある月の給与明細をぶっちゃけてご紹介します☆

大学病院時代(看護師4年目)

基本給:201,450円
地域手当:22,145円
超勤手当:49,818円
夜勤手当:34,000円(1回6,800円で5回)
精神科手当:20,000円
総支給額:327,413円
(この金額にプラスで住宅手当27,000円と通勤手当2,000円ももらっていました)

その前は同じ病院の外科で働いていたのですが、残業はやっぱり外科の時と比べてだいぶ減りました。
でも、その変わり嬉しい精神科手当というものがついたのです☆

精神科手当とは、危険手当とも言われることがあります。
精神科の患者さんは暴力行為やその他危険な行動を起こす可能性があり、
危険になり得る環境で働くためにつけられる手当です。
実際に危険になり得る環境ではありますが、私は今まで実際に危険な場面に出くわしてこなかったので、運が良いのかもしれませんね☆

精神科であれば、だいたいこの精神科手当が出るところが多いみたいですが、
必ず出るというものでもない上に、額も病院によってまちまちなので注意してくださいね。

私はこの精神科手当のおかげで、外科の時と比べてもそれほどお給料は変わらなかったという印象です。

大学病院の夜勤専従時代(看護師5年目)

私は、1年間夜勤専従という形で働いていました。
理由は、人が足りなくて夜勤が回せないからという理由で頼まれたのですが、
やってみると夜勤専従時代は私にとっては天国のような生活でした。
何と言ってもお給料が良い!

基本給:217,900円
地域手当:13,084円
超勤手当:47,111円
夜勤手当:90,000円(1回9,000円で10回)
夜勤専従手当:14,000円
精神科手当:20,000円
総支給額:402,095円
(住宅手当27,000円、通勤手当2,000円別)

見てわかるように、夜勤の回数が増えたので夜勤手当だけで90,000円ももらっています。
そして、プラスで夜勤専従手当というものがもらえたのです。
(この年から夜勤手当自体も6,800円から9,000円に上がったので、前年と違うのはこのためです)

精神科の夜勤は、こちらでご紹介しているように、ゆったりしていて落ち着いていることがほとんどです。
そんな夜勤をしていて、これだけの手当がもらえたら嬉しいですよね。
もし、夜勤が嫌いでなければ、精神科での夜勤専従はおすすめしますよ♪

 

夜勤専従という働き方がない病院もあるし、夜勤専従手当というものがない場合もあるので、興味がある方は調べてみてくださいね。
病院によって様々だとは思いますが、私の場合本当にラッキーだったと思っています。

スポンサードサーチ

もちろん、精神科手当もつきますし、基本給も前年よりも上がっていますね☆

大学病院の良いところは、毎年必ず基本給が昇格されていくところです。
忙しくて大変という面もあるけれど、お給料が保証されているという安心感もありますね♪

単科の精神科病院(看護師8年目:入職1年目)

転職をして、大学病院を離れて小さな精神科病院に就職しました。

この病院は、看護師歴は関係なく、入職してからの年数で基本給が設定されるそうなので、だいぶ下がってしまいました…。
病院によって、経験年数を考慮してくれるところと関係ないところとあるみたいなので、
中途採用の場合そこも大切な確認ポイントですね☆

基本給:185,000円
正看護師手当:10,000円(准看護師手当:5,000円)
超勤手当:0円(残業なし)
夜勤手当:49,000円(1回9,800円で5回)
調整手当:14,000円
総支給額:258,000円
(住宅手当制度なし。通勤手当制度あるけど私は家が近いため出なかった。
職員は全員、互助会費というものが毎月1,000円天引きされる)

病院によって、手当の制度やその金額も様々ですね。
小さな病院ほど、それほど整っていない傾向はあるのかもしれません。(給料面意外でも)
住宅手当が出ないのは悲しかった…。

毎年の昇給も、微々たる金額で保証もされていないし、あんまり期待はできないみたいです(;_;)

精神科手当という名称のものもなかったけれど、調整手当という中に含まれているのかな?
と勝手に思っています。

お給料だけ見ると、大学病院よりだいぶ下がってしまいましたね。
でも、その分本当に残業はないし、プライベートな時間を充実させることができているので、
これはこれで良いかなと思っています☆

お給料を取るか、自分の時間を取るか、という選択になるのかもしれませんが、
私は独身の頃にお給料をそれなりにもらって頑張って働いていて、
結婚した今はお給料よりも時間を大切にできる働き方ができて、満足していますよ(*^^*)

結局、病院によってさまざま

精神科は、他の病棟と比べて、残業が少ないところがほとんどだと思います。
そのかわりに、精神科手当がつくことも多いです。

私の周りでは、精神科病院に転職してお給料が上がった!という話も聞きますし、
少し下がったけど、その分仕事が楽になって時間もできたから良いかな、という人もいます。

本当にこればっかりは病院による、というのが実際のところなので、
気になるお給料のことは看護師転職会社に聞いてみるのが一番かもしれないですね(^^)

働いてからこんなはずじゃなかった…と思うよりは、働く前にしっかりと情報を知っておきたいですよね☆

看護師転職会社に登録すれば、無料で気になる情報も聞けるし転職のお手伝いもしてくれるし、こんなに心強い味方はありません☆

私も転職の時にはお世話になりましたよ(^^)

参考になったかはどうかわかりませんが、納得して働けるように色んな病院の情報を探してみてくださいね♪

精神科ナースのココ

投稿者: 精神科ナースのココ

大学病院の精神科で勤務した後、現在は単科の精神科で日々勉強しています。「精神科で学んだことは、仕事を辞めても一生役に立つよ」というドクターからの励ましを胸に、精神科での看護を楽しんでいます(^^) これまでの職歴や自己紹介はこちらです。   >>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です