閉鎖病棟について【精神科看護師の仕事内容】

開放病棟についてご紹介しましたが、今回は閉鎖病棟を紹介したいと思います。

閉鎖病棟は患者さんが自由に出入りできない

閉鎖病棟は、入口が常時施錠されている病棟です。
そのため、患者さんや面会者は自由に出入りすることができません。

病棟から出るには医師の許可が必要になりますし、出る場合も基本的にはスタッフか保護者の付き添いが必要です。

 開放病棟とは反対で、病識がなく、入院に対して納得していない場合も多いため、外へ出るとそのまま脱走してしまう可能性があるからです。
そのため、精神科での鍵の管理はとても重要で、絶対におろそかにしてはいけません。

患者さんは自分の意志で入院していない

閉鎖病棟には、下記のような患者さんが入院されています。

① 精神症状のために自傷他害の恐れがある
② 希死念慮(死にたい願望)が強く一人になれる場所を探している
③ アルコールや薬物依存症で、依存対象物を物理的に断たなければいけない
④ 外との関わりに疲れて、外部とは遮断された環境で休息したい

正常な判断ができない状態のため、入院の必要性も理解できないことが多いです。
そのような場合には、本人の意思による入院(任意入院)ではなく、
保護者による同意による入院
(医療保護入院)
または都道府県知事の命令による入院
(措置入院)となります

休息したい患者さんなど状態によっては、任意入院でありながら、本人の希望で閉鎖病棟に入られる場合もあります。

病状によっては、安全確保のために隔離や身体拘束が必要な方もいます。
精神症状から飲食ができずに点滴管理や経管栄養をしている人もいれば、
ADLが低い患者さんもおられます。
そのため、開放病棟と比べると身体的な管理や看護処置が多い傾向にあります。

看護師は観察力や判断力が必要

精神症状が悪い方はもちろん、落ち着いているように見えても急に衝動的な行動に出てしまう方もいます。看護師の隙を狙っている方もいます。
患者さんのちょっとした変化を見逃さず、色んな可能性を考えて危機管理の意識をもっておくことが大切です。
もちろん患者さんだけでなく、自分自身の身を守ることも忘れないでくださいね。

こう書くと少し怖いと感じてしまうかもしれませんが、
危機管理については、常にスタッフ全体で話し合って対応を考えているので、一人で抱え込む必要はありません(^^)

それに、精神症状が特に悪い患者さんは、「保護室」という部屋に入られます。
その「保護室」という部屋についてはこちらでご紹介しますね

閉鎖病棟は、開放病棟と比べると少しバタバタとすることもありますが、観察力や判断力が養われる環境があると思います。

患者さんには毅然とした態度で接する必要があるので、それが身について、
わたし個人的には「No」と言える人間になりました(笑)

状態が不安定な方も多いため、気を抜いてはいけませんが、
基本的には病棟内は毎日楽しく過ごしていますよ(^^)

精神科で働きたいと思ったら、看護師転職サイトに登録して、
自分に合った病院を探しましょう♪

開放病棟について【精神科看護師の仕事内容】

精神科病棟には、大きく分けると開放病棟と閉鎖病棟とがあります。

細かく分けると、認知症病棟や思春期病棟、女性病棟や男性病棟など、病院によって色んな病棟があると思いますが、今回は大きく2つに分けてご紹介しようと思います。

開放病棟の患者さんは自分の意思で入院している

開放病棟とは、時間の制限はありますが、入口が開いており、患者さんや面会者が自由に出入りできる病棟です。

病状が不安定であったり病識がなく治療の必要がないと思っている患者さんであれば、外に出ていってしまいます。

そのため、開放病棟に入院するのは、自分の病気や治療について理解できており、自分の意思で入院している患者さんが対象です。

患者さんは病状が落ち着いている人が多く、治療としては薬物療法を行いながら社会復帰や生活復帰の練習をしたり、
少し心が焦っている人にはゆっくり休んでもらうよう休息を促したりします。

患者さんと一緒に考える姿勢が大切

ADLは自立している人がほとんどなので、介護業務はそれほどありません。
ただし、生活リズムが崩れていたり、意欲が低下している人など、自発的になかなか行動できない人もいます。
そのような患者さんには、起床の声掛けであったりお風呂に誘導したり、できたかどうかの確認を行う必要があります。

患者さんはしっかりと会話できる人ばかりなので、困っていることがあれば手を出すのではなく、一緒に考えていく姿勢が大切です。
決して焦らず、急かさず、誘導するのではなく自分自身で考えて決定できるような支援が理想ですね。
退院後には自分でできるようになっていないといけませんからね。

しかし、これがなかなか難しくて理想にはほど遠かったりもするのですが…
一緒に考えることで、自分自身も成長できる環境があると思います。

患者さんは私たちと変わらない

会話の中で、患者さんの色んな人生経験を聞けて、驚くことや尊敬すること、面白話など、話題には尽きません。

精神科の患者さん、というと特殊なイメージがあるかもしれませんが、本当に私達となんら変わらない方たちばかりです。
少し疲れて、休憩したり練習したりしているだけ。
色んな話が聞けて、人生の勉強になりますよ。

開放病棟はこんな感じで、ゆっくりじっくり考えながら関われるような印象ですね。
患者さんとゆっくり関わる時間が好きという人に向いていると思います。

 次に、閉鎖病棟についてご紹介しようと思います(^^)