看護師が新卒で精神科に就職しても大丈夫?【精神科ナースの体験談】

私が学生だったころ、新卒で精神科に就職しても大丈夫かな?と随分悩みました。今の私の考えは明確で、

 

新卒で精神科に就職しても大丈夫!

だと思っています。

その前に、私が働いている精神科の特徴からご紹介したいと思います。

精神科の特徴とは

  • 患者さんの精神的な病の治療、リハビリをする
  • 患者さんとのコミュニケーション、関係性が大切
  • 患者さんの個性や気持ちを理解し、尊重する
  • セルフケアが不足している患者さんが多いので、その援助やできる方法を工夫する
  • 基本的に、ゆったりとした時間が流れている
  • 一般科と比べると身体的看護が少なく、医療処置や技術を行う機会が少ない
  • 長期の入院患者さんが多い
  • 自殺企図や自傷行為を行う患者さんもいるため、安全に過ごせるように援助する
  • 暴力行為の危険性が少なからずある

これに合わせて、精神科で働くメリット、デメリットも考えてみましょう。

 

精神科で働くメリット

  • 患者さんとのコミュニケーション能力や対人関係能力が鍛えられる
  • 自分自身を理解することにも繋がり、自分自身のストレス対処や心を健康に保つことにも長ける
  • 医師の指示に従うだけではなく、看護師の判断で対応することも多く、看護師としての専門性を発揮できる
  • 業務がゆったりとしていて、身体的負担が少ない

 

精神科で働くデメリット

  • 医療処置や急変が少ないため、技術が身につくまでに時間がかかる
  • 日々の変化が少ないため、バリバリ働きたい人には物足りなさを感じる人もいる
  • 暴力や暴言などを受ける危険性がある(多くはありません)

このような事実を踏まえて、私の体験談も少し交えて新卒での精神科への就職について考えてみたいと思います。

 

 

私自身の体験談と考え

私は、学生の頃からずっと精神科に興味があって働きたいと思っていたので、新卒から精神科にいくかどうか本当に悩みました。

精神科で働きたいけど、やはり最初は急性期で経験を積んだ方が良いのではないか?
最初から精神科だと、途中で他の科にはうつれなくなってしまうのでは…
そもそも、自分は精神科に向いていないんじゃないか?
でも、やっぱり働きたい…と、堂々巡りになっていました。

丁度就職先を選ばないといけない時期に差し掛かり、一人では決めきれなくて私は学校の先生に相談に行きました。

すると、先生は、

「私は新卒から精神科で勤めても良いと思うよ。働きたいという気持ちがあるのなら、若いうちの方が柔軟性や適応力があると思うよ。
何事も年いってからだと頭が固くなって適応しにくくなるからね。」

と何にも悩まずに答えてくれました。

私はそれを聞いて気持ちがスっと楽になったことを覚えています。

今思うと、きっと誰かに背中を押してほしかったんでしょうね。

それから私は大学病院に就職し、精神科を希望しました。
しかし、残念ながら私の希望は通らず、最初は外科病棟で働くことになってしまいました。

仕方ないと諦め外科で働いていましたが、私が強く精神科を希望していたことを看護部長さんが覚えてくださっていて、2年後精神科に異動することができました。
この時には、気の弱い自分にしては珍しく、入職時の面接で「精神科に行きたい!」と猛アピールをしておいて良かったと思いました。

念願の精神科で働き初め、たくさんの看護師さんを見てきましたが、それぞれの看護師さんの経歴は本当に様々です。

新卒から何十年もずっと精神科だけで働いている人、
一般病棟で働いてから精神科にうつってきた人、
会社員をしていたけど、精神科の看護師になりたいと言って転職をしてきた人もいました。

精神科では、よく言われているように、看護技術や処置は一般科と比べると少なく、身につきにくいかもしれません。

でも全くないというわけでもありません。

最近は高齢化も進んでいて、身体合併症を併発している患者さんもたくさんおられます。

点滴やカテーテルの留置、褥瘡の処置なんかは割とあります。
酸素吸入や経管栄養、透析をしている方もおられます。
色んな疾患を持った方が入院してこられるので、その都度勉強していけば、意外とオールマイティに学ぶこともできますよ。

ただ、やはり専門的な手術や治療など、精神科で経験できないことも確かにあると思います。

でも、それはどの科にいっても同じことではないでしょうか?
どの科にもそれぞれの特色があり、その科でできることを学ぶ。
私はそれで良いと思います。

逆に考えると、精神科でしか学べないこともたくさんあります。

いくら一般科の経験が長かったとしても、精神科で必要な知識や技術は全く異なりますし、また1から学ばないといけません。

この時に、昔先生から言われた「若いうちの方が柔軟性と適応力がある」という言葉の意味が少しわかったような気がしました。

新卒から長く精神科で働いている人は、やはり精神的な観察力や判断力、急変時の対応が的確で、患者さんとのコミュニケーション力もずば抜けています。
困った時にはいつも相談に乗ってもらい、本当に頼りになる存在です。

もちろん、まず一般科で働いてから精神科に転職、ということを否定しているわけではありません。
身体的に何かあった時にはやはり一般科を経験している看護師さんの判断はとても心強く、いつも助けられています。

どっちが良いというわけではなく、どちらであったとしても、自分の経験してきたことが強みとなって必ず活かされると、色んな看護師さんを見て私は思いました。

結局は自分が「やりたい」と思った時が一番だと思うのです。

最初から精神科に入ると、途中で他の科にうつれなくなってしまうのではと不安に思っていましたが、そんなこともありません。

新卒で精神科に入り、そこから一般病棟や救急に転職した人もたくさんいましたが、みんなちゃんと働けていますよ。
安心してくださいね。

精神科で働きたいと思っているのであれば、
新卒だからと遠慮せず、自信を持って働いてください!(^^)

 

 

ライフイベントのことも考えて

少し目線がずれてしまうかもしれませんが、
特に女性の場合には、結婚や妊娠、出産などのライフイベントによって、気持ちとは裏腹に働けない時期が出てくるかもしれません。

最初はそんなつもりはなくても、急に運命の人と出会って退職しなければいけなくなる、なんてこともあるかもしれません。

そんな時に、本当は精神科で働きたいと思っていたのに、精神科にたどり着く前に退職することになってしまったら、なんだかちょっと悲しくないですか?

もちろん、生活が落ち着けばまた働ける時期は来ると思いますが、何年もブランクがあると「若いうちに精神科で働いておけば良かった」という思いが残ってしまうかもしれません。

新卒から精神科で働きたいと思うくらい意欲がある人であれば、精神看護の専門看護師を目指している人、
目指すまでいかなくても少し興味がある、という方もおられるのではないでしょうか。

精神看護の専門看護師の受講資格には、通算5年以上の看護実務に従事し、そのうち3年以上は精神科看護に従事していること、となっています。

少しでも早く夢に近づきたいのであれば、早めに精神科を経験するのも悪くないかもしれませんね。

 

 

理由や動機は何でも良い

もちろん、目指す理由や動機は何でも良いですよ。
こんな理由で良いのかな…なんて思うかもしれませんが、心配する必要はありません。

私の周りの看護師さんに聞いた、精神科を目指した動機をいくつか例で挙げてみます。

  • 心の看護に興味があったから
  • 家族や友人が精神疾患を患っているので、自分が勉強して役に立ちたかったから
  • 精神科が看護の基礎だと思ったから
  • 精神科の実習で、働いている看護師さんがカッコよく見えて、自分もこうなりたいと思ったから
  • おっとりした性格なので、外科や急性期は向いていないと思ったから
  • 小さい子供がいるので、保育園のお迎えなどのため残業ができないから

など、自分が興味があるという理由だったり、自分の性格、またライフスタイルから考えるという
概ね3パターンに分かれるのかなと思いました。
必ずしも精神科に対するモチベーションがものすごく高い、というわけでもないので安心してくださいね。

どんな理由であっても、精神科で働こうと思ったのであれば、それが立派な理由です。
胸を張ってくださいね。

履歴書の書き方は、こちらを参考にしてください。

 

 

自分は精神科に向いている?

これも、働く前はすごーく気になりますよね。
興味はあるけど、働いてみて自分が向いていなかったらどうしよう…って。

私が思うには、どんな人でも向いていると思います。

だって、患者さんだって色んな人がいます。
それぞれ人と人との相性は様々ですし、患者さんと相性の合う看護師も様々です。
同じような看護師ばかりでは色んな患者さんに対応できません。

色んな看護師がいて良いのです。

ひとつだけ挙げるとすれば、「ルールや約束を守れる」ということかもしれません。

精神科は特殊な環境であり、病棟のルールというものが存在します。
患者さんそれぞれにも、「この患者さんにはこういう対応をする」という医師からの指示があったりもします。
それらのルールを守れなかったり、患者さんとの約束を平気で破ってしまうようであれば、
患者さんからの信頼は全く得られず、関係性が築けません。

精神科では長期の入院患者さんが多く、患者さんとの関係性がとても大切になるので、
まず信頼してもらうには自分自身が注意する必要はありますね。

私が思う精神科に向いている人とは、これくらいです。
無理に精神科に合わせようとするのではなく、自分の個性を大切にしてくださいね。

 

 

看護技術が学びたいなら総合病院の精神科病棟

それでもやっぱり技術が身につかないことが心配!という方には、
私は総合病院の中の精神科病棟をオススメします。

理由は、下記が挙げられます。

・単科の精神科病院と比べると身体疾患を併発している人が多く、医療処置や技術を行う機会が多い。
(精神科病棟内でも、手術や透析、出産なんかもありました)
・身体的判断に困った時に、病院内に専門の医師や看護師がいるので、すぐに相談することができる。
・病院内で色んな科の勉強会に参加することができるので、学ぶ機会が得やすい。
・教育体制が整っているので、しっかりと指導してもらえる。
・もし精神科が合わないと思ったら、他の科に異動することができる。

このように、精神科でありながらも身体的な知識や看護技術が身につきやすい環境があると思います。

 

 

精神科を極めたいなら単科の精神科病院

逆に、身体的な看護よりも精神科を学びたい!と思っているのであれば、単科の精神科病院をオススメします。

上とは逆の理由です。

・より専門的に精神科を学ぶことができる。
・身体疾患を併発している人が少ないので、医療処置を行う機会が少ない。
(病院内で対応できない時は、専門の病院に転院し、治療が終わったら戻ってくるという流れが多い)
・医療処置や急変が少ない分、患者さんとゆっくり関われる時間が多い。

 

 

迷った時には看護師求人サイトが便利

病院ごとの特色を具体的に知りたかったり、働きたいと思っている病院が実際どうなのか知りたければ、看護師の求人サイトに登録して、キャリアアドバイザーから情報を聞くことができます。

私は大手のナースではたらこMCナースネットを結果的に愛用しています。

HPからではわからない病院の内部情報や気になる給料なども聞けますし、就職に必要な基本的な知識、アドバイスもしてもらえます。
病院に直接聞きづらいことがあれば、代わりに聞いてもらうこともできるんです。

そしてサービスはすべて無料です。

無理強いはないし、途中で必要なくなればその旨を伝えればしつこい勧誘もないですよ。

登録は簡単。必要事項を入力して送信するだけです。私も、転職の度にお世話になっています。ぜひ、活用してみてくださいね。

*  *  *

 

どの転職会社を利用すれば良いの?

転職会社といってもたくさんあるので、どれに登録したら良いかわからない、
という人も多いと思います。

今回は、新卒の人にオススメの転職会社をいくつか紹介したいと思います。

 

新卒と言えばナースではたらこ(大手)

ナースではたらこ(大手)は業界でも新卒に力を入れている転職会社として知られています。看護師の友人たちからの評判も良く転職後の満足度も高いですよ。

 

●大学病院・公的病院に行きたいなら大手転職会社
大学病院や公的病院に行きたいなら「ナース人材バンク」という大手転職会社がおすすめ。
大手なので最初に相談していた人と病院との面接のときに来る担当者が違うなどということもあるのでやや不安になる人もいるかもしれません。
しかし求人の数はたくさん持っているので、選択肢は広がります。
はっきりと「こういう病院に行きたい」と決まっている人には、対応が早いのでおすすめです。

 

●クリニックに行きたい人はナースパワー(中小)
クリニックを探したい場合、転職会社側は手間を嫌って対応が後回しになる ケースが見受けられます。
特に大手の転職会社は担当者に課せられている営業ノルマも厳しい傾向にあるので、中小企業の転職会社がおすすめ。

首都圏:看護プロ(就職が決まると~10万円のお祝い金がもらえる)
全国:ナースパワーMCナースネット など

 

●じっくり決めたい人も中小の転職会社
はっきりと行きたい病院が決まっておらず、じっくり相談しながら決めたい人は中小の転職会社が良いでしょう。
上記と同じ理由で、大手の転職会社はじっくり話を聞いてくれない傾向にあるので中小の転職会社を使うのがおすすめ。

首都圏:看護プロ(就職が決まると~10万円のお祝い金がもらえる)
全国:ナースパワーMCナースネット など

 

●どういう病院が良いか全然わからない人
大手転職会社と中小の転職会社を合わせて2~3件ほど同時に使うのが良いでしょう。
色々な情報を聞いた上で自分に合った転職会社を選ぶことをおすすめします。

例)
ナース人材バンク(大手)
ナースではたらこ(大手)
ナースパワー(中小)

***********

転職会社はたくさんあるので、転職会社ごとの特徴はこちらでご紹介したいと思います。

みなさんが、納得できて満足のいく病院に出会えるように祈っています。

薬剤師転職でおすすめのサイト

>>ファルマスタッフの登録はこちら

薬剤師の転職サイトは薬キャリ・マイナビ薬剤師の2つが大手で、それぞれの立ち位置が明確に異なります。

 

転職に迷っている方はマイナビ薬剤師

「会う」

というキャッチコピーを打ち出しているマイナビ薬剤師は、薬剤師さんとの面談を重視しており、じっくり時間をかけて転職をサポートしてくれます。

したがって、

「転職するかどうか悩んでいる」

「転職先の選び方がわからない」

などという方におすすめです。

>>マイナビ薬剤師の登録はこちら

 

転職先のイメージが明確なら、薬キャリ

マイナビと比較すると

「会わない」

というスタンスを取っているのが薬キャリです。面談を重視せず、機会的に求人をやりとりするので、

「急いで転職したい」

「転職先のイメージが明確」

という薬剤師さんにおすすめです。もちろん必要あれば面談もしてくれますが、どちらかと言えば転職に慣れている方向けです。

>>薬キャリの登録はこちら

 

ジョブデポ薬剤師も特徴としては薬キャリと似ています。下院登録も簡単で対応も早いです。

>>ジョブデポ薬剤師の登録はこちら

 

 

調剤薬局ならファルマスタッフ

日本調剤のグループ会社が運営しているファルマスタッフは調剤薬局への転職を希望している方におすすめです。利用してくれた数人の薬剤師さんからもキャリアコンサルタントの質が良いという評価を聞きました。

>>ファルマスタッフの登録はこちら

 

あくまで知人の口コミの範囲内ですが、参考にしてみてください(^^)

 

 

大学病院の精神科と慢性期の精神科病院の違い【看護師の実体験から】

私は、大学病院の急性期の精神科と、慢性期の精神科病院の2つを経験しました。

2つを経験した私が感じた、両者の違いや特徴をご紹介したいと思います。

もちろん、それぞれの病院によって様々な特徴があると思うので一概には言えませんが、
大まかな違いだけでも頭にあると、転職の時に役に立つかもしれません☆

転職を考えているけれど、どの病院にするか悩んでいるという時に参考にしてもらえたら嬉しいです(^^)

大学病院(総合病院)の精神科の特徴
~治療が中心でバタバタすることも~

【メリット】
・治療を目的としているので、精神科にいながら技術や知識が学びやすい
・患者さんの回復していく過程と退院していく姿がみられる
・何かあれば専門の医師が病院内にいて、病院内で全て対応できるので安心
・教育制度が充実しているので、新卒の方にも安心
・他の科の勉強もでき、キャリアアップを目指せる
・育児中のママさんナースには、時短勤務や外来勤務など、配慮がある。病院内に託児所もある。(病院によるので注意)
・もし精神科が合わないと思ったら、異動して他の科にうつることができる
・比較的忙しいので、ゆったりするのが苦手な人でも大丈夫

【デメリット】
・ゆったりした精神科をイメージして入ると、身体的治療が割りと多いため、ややギャップを感じるかもしれない
・忙しさから、患者さんと関わる時間を思うようにとれない時もある
・残業や時間外業務も比較的多い
・キャリアアップを求められるので、看護研究やラダー取得などにも積極的に参加しなければいけない

大学病院の精神科の詳細~体験談~

簡単にまとめてみましたが、もう少し具体的に経験したことやその感想をお話します(^^)

大学病院は病院自体が急性期で治療を目的としたの病院なので、精神科であっても急性期で状態の悪い患者さんが多い印象です。

また、精神科疾患を抱えた人が身体的治療が必要になった時に、その治療の間一時的に入院されることも多くありました。

治療を目的としているだけあって、最初は状態の悪い患者さんでも、目に見えて良くなっていく姿がみられます。

慢性期の精神科だと、何十年と入院しているような社会入院の患者さんもおられますが、
私が大学病院で見てきた中では、長くても1年ほどの入院、短ければ2週間くらいで良くなって帰られる患者さんもおられました。

回復して退院していかれる姿を見られるのは、どの科においても嬉しいことですよね。
これは、総合病院の精神科ならではの魅力かもしれませんね(*^^*)

一般的な精神科のイメージとは異なるかもしれませんが、精神科であっても
比較的バタバタと1日が過ぎていくような印象です。
点滴や検査も比較的多いし、色んな科の手術や治療もありました。
緊急入院も珍しくはありません。
新薬の治験も扱っていて、それも大学病院ならではかもしれませんね。

とはいっても、普通の一般病棟と比べるとだいぶゆったりしているので、安心してくださいね☆
何かあれば、専門の医師や看護師が院内に必ずいるので、すぐに相談して診てもらうことができるので慌てる必要もありません(^^)

また、大学病院の特徴として、教育制度が整っているという利点もあります。
特に、新卒さんから精神科を考えているという方には、一からしっかりと指導してもらえるので安心かもしれないですね☆

勉強会や研修もあるし、他の科の看護の知識についても学べる環境があると思います。
向上心が高く、色んなことを学びたい!という方にオススメです。

逆に言うと、残業や休日出勤もそれなりにあり、看護研究やラダー取得など、日々の業務以外にもしなければいけないことも多いです。
プライベートな時間をたくさん取りたいという方には不向きかもしれません。

育児中のママさんナースには、時短勤務や外来への異動、病院内に24時間体制の託児所があったりと配慮もありました。
公的な病院なので、育児支援への取り組みしっかりされているんですね。
(病院によって違うかもしれませんので、確認してくださいね)

精神科に自分が向いているかわからない…と不安な人にも、総合病院は良いと思います。

精神科病院に勤めてみてから合わないと思ったら、また転職し直さなければいけないけれど、
総合病院なら、異動という手段があるからです。

転職となったらまた病院探しから始めなければいけなくて大変だし、経歴に傷がついてしまうのも悲しいですよね。
異動も大変だけど、転職よりはまだ気が軽いと思います。

実際にそのような理由で大学病院の精神科で働いている方もおられましたよ。
途中で別のことに興味が出てくる可能性もありますからね。

反対に、もっと専門的に精神科に携わりたい!と思って単科の精神科病院に転職した人も何人かおられました。

私も、どちらかと言えばそっちのタイプで、もっと精神科を知りたいと思って、転職の機会があった時に思い切って単科の精神科病院に転職しました☆

このように、自分が精神科に合っているのかを見極めるのに良いかもしれませんね(^^)

慢性期の精神科病院の特徴
~生活が中心で、ゆったりとした環境~

【メリット】
・生活を主としていて、患者さんとゆったり関われる時間をとりやすい
・残業や時間外業務はほとんどなく、負担が少ないので長く続けやすい
・コミュニケーション能力や判断能力が磨かれ、精神科に関する知識が深くなる
・年間の行事を楽しむことができる
・キャリアアップを強いられない
・病院全体が精神疾患に理解がある

【デメリット】
・精神科以外の医師がいない(少ない)ので、身体的になにかあれば病院内で対処できない。救急車搬送になる。
・身体的な処置や対応が多くはないので、技術は磨かれにくい
・バリバリ働きたい人や変化が欲しい人には少し物足りないかもしれない
・もし精神科が合わなかったら(他の科で働きたいと思ったら)転職せざるを得ない

慢性期の精神科病院の詳細~体験談~

私が次に働いたのは、何十年も入院されている方も入院されているような、慢性期の小さな精神科病院です。

大学病院が治療が中心であれば、こちらは生活が中心といった印象です。

薬剤調節しながらリハビリをして、コミュニケーションをとったりともちろん治療はしているのですが、
良くなるためというよりは、これ以上悪くならないために現状を維持する、という目的のように感じられました。

大学病院で、急性期を脱してある程度落ち着いてきたら、慢性期の病院に転院となるケースをよく見てきました。
その先がここの病院なんだな、と思いながら働いています。

生活が中心ということもあって、日々の大きな変化は少なく、毎日決まった時間に決まったことを行うといったゆったりとした環境で働くことができています。

患者さんはある程度症状が落ち着いていて、入院生活にも慣れている方がほとんどなので、
何もなければ本当に何もないというありがたい日々です。

そのため、よっぽど何かない限り残業や時間外勤務はほとんどありません。
これは本当に嬉しいですね。

でも、全く何もないというわけではなく、精神科にありがちな患者さん同士のケンカやトラブルはちょこちょこあります。
これくらいなら可愛いのですが、急激に症状が悪化して自殺企図を起こしたり、暴れるような患者さんもおられますので、油断は禁物です。

また、精神科だからと安心していても、急に身体的な治療が必要になることがあります。
ちょっとした風邪や発熱くらいであれば、病院内で点滴を行ったりはできますが、
例えば転倒して骨折したり、頭を打ったり、というアクシデントが起これば、病院内には専門の医師はいませんし、対応しきれません。
必要に応じて救急車を呼んで、救急車が到着するまでの応急処置をしなければいけないんです。

これが焦るんですよね。
普段何もないことが多いもんだから、たまに何かあるとどうしよう!ってワタワタしてしまいます(笑)

まあ救急車が到着したらあとは救急隊員の方にお任せなので大丈夫ですよ(^^)

小さい病院ということもあるせいか、キャリアアップについてもそれほど厳しくありません。
どちらかと言うと、働いているほとんどの看護師さんが、残業なし、時間外業務なしという魅力で働いておられるので、
そのような話が出たらみんな断固として反対するような感じです(笑)

勉強会は全くないというわけではなくて、必ず勤務時間内に行われるように配慮されているので、これも嬉しいですね。

体力的に楽、ということもあって、特に子育てを終えたベテランナースさんが多く働いておられます。
勤続20年とか30年と長い方も多くいらしゃって、働きやすい環境だということがわかります。

また、子育て中のママさんナースでも、残業がないことが条件で病院を探していたら精神科病院になった、という人も多いです。
子育て中は、どうしても自分のキャリアアップまで考える余裕は持ちにくく、日々の子供との生活が大切ですもんね☆

ただ、小さな病院だったので、託児所や時短勤務などの制度は整っていないですね。
これは病院によって様々だし、精神科病院だから、というわけではないので、調べてみてくださいね。

楽なだけで他に魅力は??
と思うかもしれませんが、精神科病院の魅力はたくさんありますよ!

まず、患者さんとゆっくりコミュニケーションがとれるので、コミュニケーション能力は鍛えられます。
そして時間にも余裕があるので、一人ひとりの患者さんに対してしっかりとケアを行うこともできます。

純粋に精神科疾患の方ばかりなので、精神科の知識や対応の仕方は勉強になることが多いです。
専門的に精神科を勉強したいのであれば精神科病院をおすすめします(^^)

大学病院ではできないような、夏祭りやクリスマスなど行事に力を入れているところも多いと思うので、それも楽しみのひとつです♪

病院全体が精神科なので、病院の中にいる全員が精神科に理解がある、というのも嬉しいことです。

大学病院の時は、当然色々な科の患者さんや面会の方、中にはスタッフであっても精神科に対する理解が低い人がおられ、
少し対応が難しいことなんかもあります。

精神科病院であれば当然患者さんも面会に来る方もスタッフも
全員が理解を示して協力してくれるので、病院全体が優しい雰囲気で和やかです。

私はとても穏やかな雰囲気の精神科病院は好きですし、
周りでも働きやすいという意見が多いです。
初めての精神科で不安と思っている方でも、そこまで心配しなくてもきっと大丈夫だと思います(^^)
みんな最初は初めてで当たり前ですもんね。

病院選びに迷ったら看護師転職サイトに登録

このように、2つの病院だけでもこんなにも特徴が違います。
病院の数だけ色んな特徴があるので、正直どの病院が良いかわからない!!
と頭を悩ませる人も多いと思います。

そんな時には、看護師転職サイトをオススメします。

看護師転職サイトとは、看護師、保健師、助産師専門の転職をお手伝いしてくれるサイトです。
専門の転職サイトならではの、気になる病院の内情やお給料など、なんでも教えてもらえます。

どこの病院が良いか迷ったり、あの病院の情報を知りたい!と思った時にとっても便利です。ぜひ活用してみてくださいね。
登録、利用は完全無料です。
必要なくなれば断ることもできるので、気軽に相談して大丈夫ですよ♪

詳しい説明や転職会社ごとの情報はこちらを参考にしてください

一緒に精神科で働けることを楽しみにしていますね(*^^*)

精神科病院への転職の流れ【看護師の実体験】

精神科病院への転職を考えているけれど、不安でなかなか一歩が踏み出せないという方のために、私が実際に精神科病院へ転職した時の体験談をご紹介します(^^)

精神科病院へ転職した理由

私は、結婚してその後主人の仕事の都合で引っ越すことになりました。
そのため、それまで働いていた病院は辞めざるを得なくなり、転職することになりました。

その時に、次はどういったところで働こう、と考えたわけです。

私は学生の時から精神科にとても興味を持っていたこともあって、大学病院の精神科で働いていたことがありました。

精神科での経験を振り返ると、対応の難しい患者さんとの関わりや様々な体験を通して、
難しい科ではあるけれど、すごく学べることが多い科だと思いました。
何より、自分自身が成長できたと思っています。

以前、精神科で働き始めて間もない頃、一人のドクターがまだ慣れない私に言ってくれた言葉があります。

「他の科で学んだことは仕事でしか活かすことはできないけど、
精神科で学んだことは、この仕事を辞めたとしても一生役に立つよ」

私はこの言葉がとても印象的で、今でもはっきりと覚えています。
そして少しずつ実感することができています。

コミュニケーション能力が鍛えられたこと、人を認める余裕ができたこと、
自分自身のストレス対処が上手くできるようになったこと、できない時にははっきりNoと言えるようになったこと。

当たり前のことばかりですが、元々が人付き合いやコミュニケーションが苦手だったこともあって、
精神科で働く前と後では別人のように変われたような気がしています。
(気がしているだけかもしれませんが(^_^;)笑)

さらに、一般的に精神科は残業が少なくて身体的負担が少ないという嬉しい特徴もあるんです♪

残業が少なくて負担も少なければプライベートが充実できるし、心の余裕に繋がりますよね(^^)
子育てをしている方にも嬉しいことだと思います。

それに、精神科のスタッフは比較的優しい人柄の人が多く、人間関係も良いという印象があったのです。

患者さんが怖そうと思っている方もおられるかもしれませんが、私は以前働いていた時の経験からも、
怖いという印象は特別持っていなかったので、私には正直精神科のメリットしか感じられませんでした。

精神科で働いていた期間はとても充実していて楽しいものでしたし、もっと自分自身成長したいという思いもあって、
もう一度精神科で働きたいと考えたわけです。

ただ、今までは大学病院の中の精神科病棟で働いていたので、特徴として急性期の患者さんや身体的治療を目的に来られる患者さんが多かったんです。
病状がある程度落ち着いたら慢性期の病院へ転院となるケースが多くありました。

つまり、精神科で働いていながら、一般的な慢性期の精神科というものをほとんど知らないかったんです。

これではダメだ!と勝手に思い、今回は全く逆の、慢性期で単科の精神科病院で働こう!と思って病院を探し始めました。

看護師転職会社への登録

新しい土地での転職であったため、地域の病院の知識は全くのゼロ。

自分でも調べてはみましたが、時間はかかるし曖昧な情報しか出てこないし、埒が明かない!!という状況でした。

もうここは転職会社にお願いしよう!と思って、とりあえず適当に3つの転職会社に登録しました。
看護のお仕事」、「ナースではたらこ」の3つです。

簡単にですが、3つの転職会社を使ってみた私の印象を書いておきます。
「看護のお仕事」 : 対応が丁寧で、的確な情報を教えてくれて安心感を持てた
「ナースフル」 : 若い方だったのか?ちょっとノリや言葉遣いが軽い感じがした
「ナースではたらこ」 : 決して急かさずに、ゆっくりと話や希望を聞いてくださって好印象

登録は必要事項を入力して送信するだけでとっても簡単。
登録すると、専門のアドバイザーの方から電話がかかってくるので、話を進めていけばOKです。

すぐに3つともの転職会社から電話がかかってきたので希望の条件を伝えました。
すると、通える範囲には4つの精神科病院があることが分かりました。

ただし、3つの転職会社からは、それぞれ勧めてくれる病院や持っている情報が異なりました。
それらの情報を総合して、4つの病院が見つかったんです。

つまり、ひとつの転職会社では4つもの選択肢は得られなかったということです。

最初に3つに登録したのは、単にどこが良いか決めきれなかったからという優柔不断なためですが(*_*)
でも今考えると、3つの転職会社に登録して良かった!と思いました。

その理由を以下に挙げます。
・それぞれの転職会社から紹介される病院が異なったので、複数に登録したことで選択肢が広がった
・同じ病院であっても、得られる情報が異なったので、より詳しく病院を知れた
・アドバイザーの方にも色んな方がいるので、自分と相性の合った方がいればそこの転職会社でお願いできる

最初からひとつの転職会社に決めるのではなく、いくつか登録してから自分に合う転職会社を選ぶとより良い転職に繋がるかもしれませんね(^^)
色々な選択肢を得てから、自分が一番気に入った求人を選べば良いですもんね☆

私もその4つの病院の中から、私の希望に一番合う病院を探そうと思いました。

わかりやすいように、4つの病院の特徴を簡単に挙げたいと思います。
① 急性期を受け入れていて割りと忙しい病院。
② 慢性期でリハビリや社会復帰に力を入れている病院。
③ 高齢者が多く、主に認知症の患者さんが多く入院されている病院。
④ 慢性期で整った病院。看護研究や看護師育成に力を入れており、時間外の業務も多々ある。

この4つの中で一番私の希望に沿った病院は…②の病院だと思いました!

今まで急性期で働いていたので、慢性期の病院。社会復帰には元々興味があったので、②の病院の特徴としてはバッチリです。

より詳しく話を聞いてみると、その病院は残業や休日出勤はほとんどなく、ママさんナースにも人気という情報が得られました。
ママさんナースが多いと、育児に対しての理解が得やすいだろうし、今後子供ができた時でも安心ですよね♪

精神科と一言でいっても、こんなにも病院の特徴が違うものなんですね。
転職会社に相談したからこそ、特徴を知って選ぶことができたと思います。

病院を決めたら、面接の設定

病院をここ!と決めたら、転職会社さんに伝えると、面接への段取りを進めてくれます。

もし1つに決めきれなかったら、複数の病院を受けることもできますよ。
そのあたりも転職会社さんと相談してみてくださいね。

面倒な病院とのやり取りは全て転職会社さんが仲介に入ってしてくれるので、とっても楽ちん♪

日時の設定はもちろん、大切なお給料や休暇面の確認もしてくれます(^^)
気になるけど自分では聞きにくい…ということがあれば、前もってお願いしておくと良いですね☆

履歴書の作成

面接をするためには、履歴書が必要ですね。
履歴書の書き方や注意点も、アドバイザーの方に相談すると教えてくれますよ。

教えてもらいながら書いた志望動機を一例としてご紹介しますね。

「一般病棟では、周手術期や癌看護を通して身体的な知識や技術を学びました。癌や終末期の患者様と関わる中で心のケアの大切さを感じ、精神看護に興味をもちました。その後精神科に配属され、改めてコミュニケーションの大切さや、個別的な看護の重要性を再認識しながら取り組んでまいりました。また、精神科では多職種も含めてスタッフ同士の情報共有を密に行い、チーム全体で患者様へ関わる姿勢が身についたと思っています。しかしながら、急性期の病院であったこともあり、精神看護の極一部にしか携われていないと感じています。治療を行うだけでは、退院後に再発のリスクが高く、継続した支援が必要だとも感じました。貴院では、退院支援や退院後の継続した支援にも力を入れて取り組んでおられるところに魅力を感じました。これまで得た知識を活かしながらも学びたい気持ちが強く、志望いたしました。」

こんな感じのことを書きました。

また、履歴書を書く時に、意識した点を挙げておきます。

・今まで何を学んできたかを書く
・病院の特性をHP上や看護師の転職会社さんから情報を得て、それに合わせて今後何を学びたいかを明確に書く
・協調性があることをアピールする
・学ぶ姿勢があることをアピールする

下手くそな文章で、しかも私の場合なので参考になるかはわかりませんが、
修正するなり付け足すなり自由に利用して頂いて大丈夫です(゚∀゚)

いざ、面接へ

履歴書の作成ができたら、いざ面接です。
面接には、なんとアドバイザーの方が一緒についてきてくれます。

とっても緊張する大事な場面に一緒にいてくれるだけで安心感があるし、困った時には横から助け舟を出してくれたりします♪
ほんとその時は神様みたいに見えましたヽ(゚∀゚)ノ

基本的なことですが、面接はスーツで。髪の毛は一つにまとめて、薄化粧をして臨みました。

私が受けた病院は、面接の前に受付で簡単な調査票?みたいな物を渡されて書かなければいけなかったんですが、

小声で「これ、どういうこと書いたら良いんですか?」「~~で◯◯みたいな感じで良いと思いますよ」
とアドバイザーの方にコソコソと教えてもらいながら書いちゃいました(*ノω・*)

書き終わったら、部屋に通されて面接へ。
看護部長さんと事務長さんとの面談でした。

まず自己紹介をして、席につきます。
質問されたこと、気になりますよね。

でも、正直ほとんど何も聞かれませんでした(笑)

志望動機は、履歴書に目を通してくださって、「ふ~ん」という感じだけで終わりましたし。

聞かれたことと言えば、私が結婚して引っ越してきた、ということだったので、
「旦那さんは何の仕事してるの?あらそう、大変ね~」というくらいでした(笑)

質問というよりは、遠方から引っ越してきたこともあってか、私のことを心配してくれるような言葉かけばかりでした。

「年に何回かは地元に帰りたいよね?休みとって帰ってくれて良いからね。」
「新婚さんだから子供とか考えてると思うけど、そのへんは私たちも応援するからね」

などおっしゃってくださり、なんと優しい看護部長さん!!と感激しました(;_;)

心配なんて全然する必要もないくらい穏やかな雰囲気で面接は終わり、ホッと一安心です。
そのあと少し病院内の見学をさせていただいて、その日はそれで帰りました。

合否は転職会社さんを通して後日連絡があるということだったのですが、
その当日の夕方くらいに転職会社さんから連絡があり、見事採用となったのです☆☆

これで不採用だったら逆にびっくりですけどね(笑)

転職会社から面接を受けて採用が決まるまで、実に2周間くらいでした。早い早い。

一人で考えていると、あーでもないこーでもない、と色々変に考えてしまってなかなか進まないだろうけど、
アドバイザーの方の的確なアドバイスと導きであっという間に決まることができました♪

入職への準備

あとは、入職への準備です。

と言っても、特別難しいことはありませんでした。

一度だけ、白衣の寸法を測るために病院まで行って測定しなければいけませんでしたが、それ以外は特に何もしていません。
書類関係は送られてきたので、必要事項を記入して、それは入職日に持参して行きました。

少しブランクがあったので、勉強でもしようかとも思ったけど、私は勉強は実践あるのみという考えなので、
それまではゆっくり過ごす時間だと勝手に決め込んで、思う存分ゴロゴロしてました(´ε` )笑

入職後もアフターフョロー

ドキドキ、入職日です。

私は中途半端な時期に入職したので、その日に入職したのは私一人だけでした。
そのため、事務的な手続きと簡単な説明が終わるとすぐ病棟へ案内されました。

皆さん、優しくて良い人たちばっかり!!
やっぱり、精神科は優しい人が多いという私の読みは合っていたみたいです(^^)

ひとつだけ、思っていたのと違うと思ったのは、想像していたよりもスタッフの年齢層が高かったということくらいでしょうか。

ママさんナースに人気と聞いていたので、同年代の方が多いのかな、と勝手に思っていたのですが、
同年代は3割ほどで、もう子育てを終えたベテランさんが多いようでした。

聞いていると、年をとっていくと外科や急性期は体力的にしんどくて精神科に転職した、という方が多くおられました。

それを聞くと、やっぱり精神科は負担が少なく長く続けやすい環境なんだと思えて、逆に安心しました☆

初日に仕事が終わって家に帰ると転職会社さんから電話があり、「初日大丈夫でしたか?」
と、転職だけでなくアフターフォローまで忘れずにしてくださいました。

この時に、もし思っていたところと違う、ということがあれば転職会社さんへ伝えておくと、
今後転職を考えている人たちにとっての大事な情報になりますので、
遠慮せずに伝えていけたら良いですね☆

もし転職しようかどうしようか…と迷っている方がいらっしゃって、少しでもその方の参考になれたら幸いです。

転職はする前はとっても悩みますが、相談し始めると案外ぽんぽんと進んでいきましたよ♪

後悔しない病院探しができるように、応援していますね(*^^*)

転職会社の詳しい説明や特徴は、こちらを参考にしてください