大学病院の精神科と慢性期の精神科病院の違い【看護師の実体験から】

私は、大学病院の急性期の精神科と、慢性期の精神科病院の2つを経験しました。

2つを経験した私が感じた、両者の違いや特徴をご紹介したいと思います。

もちろん、それぞれの病院によって様々な特徴があると思うので一概には言えませんが、
大まかな違いだけでも頭にあると、転職の時に役に立つかもしれません☆

転職を考えているけれど、どの病院にするか悩んでいるという時に参考にしてもらえたら嬉しいです(^^)

大学病院(総合病院)の精神科の特徴
~治療が中心でバタバタすることも~

【メリット】
・治療を目的としているので、精神科にいながら技術や知識が学びやすい
・患者さんの回復していく過程と退院していく姿がみられる
・何かあれば専門の医師が病院内にいて、病院内で全て対応できるので安心
・教育制度が充実しているので、新卒の方にも安心
・他の科の勉強もでき、キャリアアップを目指せる
・育児中のママさんナースには、時短勤務や外来勤務など、配慮がある。病院内に託児所もある。(病院によるので注意)
・もし精神科が合わないと思ったら、異動して他の科にうつることができる
・比較的忙しいので、ゆったりするのが苦手な人でも大丈夫

【デメリット】
・ゆったりした精神科をイメージして入ると、身体的治療が割りと多いため、ややギャップを感じるかもしれない
・忙しさから、患者さんと関わる時間を思うようにとれない時もある
・残業や時間外業務も比較的多い
・キャリアアップを求められるので、看護研究やラダー取得などにも積極的に参加しなければいけない

大学病院の精神科の詳細~体験談~

簡単にまとめてみましたが、もう少し具体的に経験したことやその感想をお話します(^^)

大学病院は病院自体が急性期で治療を目的としたの病院なので、精神科であっても急性期で状態の悪い患者さんが多い印象です。

また、精神科疾患を抱えた人が身体的治療が必要になった時に、その治療の間一時的に入院されることも多くありました。

治療を目的としているだけあって、最初は状態の悪い患者さんでも、目に見えて良くなっていく姿がみられます。

慢性期の精神科だと、何十年と入院しているような社会入院の患者さんもおられますが、
私が大学病院で見てきた中では、長くても1年ほどの入院、短ければ2週間くらいで良くなって帰られる患者さんもおられました。

回復して退院していかれる姿を見られるのは、どの科においても嬉しいことですよね。
これは、総合病院の精神科ならではの魅力かもしれませんね(*^^*)

一般的な精神科のイメージとは異なるかもしれませんが、精神科であっても
比較的バタバタと1日が過ぎていくような印象です。
点滴や検査も比較的多いし、色んな科の手術や治療もありました。
緊急入院も珍しくはありません。
新薬の治験も扱っていて、それも大学病院ならではかもしれませんね。

とはいっても、普通の一般病棟と比べるとだいぶゆったりしているので、安心してくださいね☆
何かあれば、専門の医師や看護師が院内に必ずいるので、すぐに相談して診てもらうことができるので慌てる必要もありません(^^)

また、大学病院の特徴として、教育制度が整っているという利点もあります。
特に、新卒さんから精神科を考えているという方には、一からしっかりと指導してもらえるので安心かもしれないですね☆

勉強会や研修もあるし、他の科の看護の知識についても学べる環境があると思います。
向上心が高く、色んなことを学びたい!という方にオススメです。

逆に言うと、残業や休日出勤もそれなりにあり、看護研究やラダー取得など、日々の業務以外にもしなければいけないことも多いです。
プライベートな時間をたくさん取りたいという方には不向きかもしれません。

育児中のママさんナースには、時短勤務や外来への異動、病院内に24時間体制の託児所があったりと配慮もありました。
公的な病院なので、育児支援への取り組みしっかりされているんですね。
(病院によって違うかもしれませんので、確認してくださいね)

精神科に自分が向いているかわからない…と不安な人にも、総合病院は良いと思います。

精神科病院に勤めてみてから合わないと思ったら、また転職し直さなければいけないけれど、
総合病院なら、異動という手段があるからです。

転職となったらまた病院探しから始めなければいけなくて大変だし、経歴に傷がついてしまうのも悲しいですよね。
異動も大変だけど、転職よりはまだ気が軽いと思います。

実際にそのような理由で大学病院の精神科で働いている方もおられましたよ。
途中で別のことに興味が出てくる可能性もありますからね。

反対に、もっと専門的に精神科に携わりたい!と思って単科の精神科病院に転職した人も何人かおられました。

私も、どちらかと言えばそっちのタイプで、もっと精神科を知りたいと思って、転職の機会があった時に思い切って単科の精神科病院に転職しました☆

このように、自分が精神科に合っているのかを見極めるのに良いかもしれませんね(^^)

慢性期の精神科病院の特徴
~生活が中心で、ゆったりとした環境~

【メリット】
・生活を主としていて、患者さんとゆったり関われる時間をとりやすい
・残業や時間外業務はほとんどなく、負担が少ないので長く続けやすい
・コミュニケーション能力や判断能力が磨かれ、精神科に関する知識が深くなる
・年間の行事を楽しむことができる
・キャリアアップを強いられない
・病院全体が精神疾患に理解がある

【デメリット】
・精神科以外の医師がいない(少ない)ので、身体的になにかあれば病院内で対処できない。救急車搬送になる。
・身体的な処置や対応が多くはないので、技術は磨かれにくい
・バリバリ働きたい人や変化が欲しい人には少し物足りないかもしれない
・もし精神科が合わなかったら(他の科で働きたいと思ったら)転職せざるを得ない

慢性期の精神科病院の詳細~体験談~

私が次に働いたのは、何十年も入院されている方も入院されているような、慢性期の小さな精神科病院です。

大学病院が治療が中心であれば、こちらは生活が中心といった印象です。

薬剤調節しながらリハビリをして、コミュニケーションをとったりともちろん治療はしているのですが、
良くなるためというよりは、これ以上悪くならないために現状を維持する、という目的のように感じられました。

大学病院で、急性期を脱してある程度落ち着いてきたら、慢性期の病院に転院となるケースをよく見てきました。
その先がここの病院なんだな、と思いながら働いています。

生活が中心ということもあって、日々の大きな変化は少なく、毎日決まった時間に決まったことを行うといったゆったりとした環境で働くことができています。

患者さんはある程度症状が落ち着いていて、入院生活にも慣れている方がほとんどなので、
何もなければ本当に何もないというありがたい日々です。

そのため、よっぽど何かない限り残業や時間外勤務はほとんどありません。
これは本当に嬉しいですね。

でも、全く何もないというわけではなく、精神科にありがちな患者さん同士のケンカやトラブルはちょこちょこあります。
これくらいなら可愛いのですが、急激に症状が悪化して自殺企図を起こしたり、暴れるような患者さんもおられますので、油断は禁物です。

また、精神科だからと安心していても、急に身体的な治療が必要になることがあります。
ちょっとした風邪や発熱くらいであれば、病院内で点滴を行ったりはできますが、
例えば転倒して骨折したり、頭を打ったり、というアクシデントが起これば、病院内には専門の医師はいませんし、対応しきれません。
必要に応じて救急車を呼んで、救急車が到着するまでの応急処置をしなければいけないんです。

これが焦るんですよね。
普段何もないことが多いもんだから、たまに何かあるとどうしよう!ってワタワタしてしまいます(笑)

まあ救急車が到着したらあとは救急隊員の方にお任せなので大丈夫ですよ(^^)

小さい病院ということもあるせいか、キャリアアップについてもそれほど厳しくありません。
どちらかと言うと、働いているほとんどの看護師さんが、残業なし、時間外業務なしという魅力で働いておられるので、
そのような話が出たらみんな断固として反対するような感じです(笑)

勉強会は全くないというわけではなくて、必ず勤務時間内に行われるように配慮されているので、これも嬉しいですね。

体力的に楽、ということもあって、特に子育てを終えたベテランナースさんが多く働いておられます。
勤続20年とか30年と長い方も多くいらしゃって、働きやすい環境だということがわかります。

また、子育て中のママさんナースでも、残業がないことが条件で病院を探していたら精神科病院になった、という人も多いです。
子育て中は、どうしても自分のキャリアアップまで考える余裕は持ちにくく、日々の子供との生活が大切ですもんね☆

ただ、小さな病院だったので、託児所や時短勤務などの制度は整っていないですね。
これは病院によって様々だし、精神科病院だから、というわけではないので、調べてみてくださいね。

楽なだけで他に魅力は??
と思うかもしれませんが、精神科病院の魅力はたくさんありますよ!

まず、患者さんとゆっくりコミュニケーションがとれるので、コミュニケーション能力は鍛えられます。
そして時間にも余裕があるので、一人ひとりの患者さんに対してしっかりとケアを行うこともできます。

純粋に精神科疾患の方ばかりなので、精神科の知識や対応の仕方は勉強になることが多いです。
専門的に精神科を勉強したいのであれば精神科病院をおすすめします(^^)

大学病院ではできないような、夏祭りやクリスマスなど行事に力を入れているところも多いと思うので、それも楽しみのひとつです♪

病院全体が精神科なので、病院の中にいる全員が精神科に理解がある、というのも嬉しいことです。

大学病院の時は、当然色々な科の患者さんや面会の方、中にはスタッフであっても精神科に対する理解が低い人がおられ、
少し対応が難しいことなんかもあります。

精神科病院であれば当然患者さんも面会に来る方もスタッフも
全員が理解を示して協力してくれるので、病院全体が優しい雰囲気で和やかです。

私はとても穏やかな雰囲気の精神科病院は好きですし、
周りでも働きやすいという意見が多いです。
初めての精神科で不安と思っている方でも、そこまで心配しなくてもきっと大丈夫だと思います(^^)
みんな最初は初めてで当たり前ですもんね。

病院選びに迷ったら看護師転職サイトに登録

このように、2つの病院だけでもこんなにも特徴が違います。
病院の数だけ色んな特徴があるので、正直どの病院が良いかわからない!!
と頭を悩ませる人も多いと思います。

そんな時には、看護師転職サイトをオススメします。

看護師転職サイトとは、看護師、保健師、助産師専門の転職をお手伝いしてくれるサイトです。
専門の転職サイトならではの、気になる病院の内情やお給料など、なんでも教えてもらえます。

どこの病院が良いか迷ったり、あの病院の情報を知りたい!と思った時にとっても便利です。ぜひ活用してみてくださいね。
登録、利用は完全無料です。
必要なくなれば断ることもできるので、気軽に相談して大丈夫ですよ♪

詳しい説明や転職会社ごとの情報はこちらを参考にしてください

一緒に精神科で働けることを楽しみにしていますね(*^^*)

新卒看護師の転職サイト選びを考える

こんにちは。宮下です。

寒さしびれる2月中旬。花粉なんかも飛散し始めて、花粉症の私は悲惨な日々が待っています。
看護師国家試験も終わり、最終学年の方はホッと肩を撫で下ろしながら、試験結果が不安に思っている方も多いことでしょうね。
まずは受験生だった方、お疲れ様でした★

さて今回はそんな新卒看護師へ向けたお話。
新卒看護師の転職サイト選びについて、色々考えてみたいと思います。

 

就職活動先選びどうしてる?

看護師としての第一歩となる、新卒の入職先病院ってどうやって決めましたか?
私がコンサルタントでお会いした方の多くは、「奨学金のお礼奉公先だから、就職活動という活動はしませんでした」という看護師さんでした。

新卒看護師の就職活動は大きくこのように分けられるようです。
・奨学金をいただいた病院への就職
・実習先の病院
・看護学校の先輩看護師が勤めている病院
・地域の基幹病院、公的病院
・大学病院や有名病院

奨学金をいただいた病院、実習先の病院、先輩が勤める病院はいずれも身近な病院なので、就職先としてイメージしやすいですよね。
新卒で働くイメージができるので、安心して選べる点は非常に魅力です。
どこの急性期病院も、新卒看護師は喉から手が出るほど欲しい人材です。入職してもらった看護師を輩出している看護学校へ行脚活動も行っているため、学校内でも先輩看護師の病院名は目につくのではないでしょうか?

Uターンで就職活動をする地方出身の看護学生は、自分の地域でも大きい病院(基幹病院)に就職する方が多いです。
地方都市では公的病院が一番大きな病院であり、地域の急性期医療も担っていることが多いため、看護学生が公的病院を就職先として選ぶのは自然なことです。

看護学生の時の先生は、新卒から3年は急性期病院で働きなさい!なんて教えが、普通ではありませんでしたか?
「私の新人時代は、今よりももっと大変だったわ。」なんて昔話も交えながら。日常的にそんな話が出ていれば、新卒看護師は急性期病院を視野に就職活動を進める看護学生が多いのもうなずけます。

もちろん先生のおっしゃることはごもっとも。急性期病院での急変対応、アセスメント力は別に急性期病院だけに役立つわけではなく、回復期リハ病院、療養病院、精神科病院、どこの病院でも必要とされる能力です。
看護師としてのキャリアを広げるために…と言われれば、急性期病院で3年間教育を受けることは間違いではないと、私自身も転職支援をする中で感じた印象です。

しかしここで、本当に新卒看護師=急性期病院で就職活動を進めることが正しい!と言い切れるのか…そこには正直疑問があります。

だって実際に転職支援をしていると、「新卒看護師で◯ヶ月の経験ですが、転職したいです。もっとゆっくり働ける病院がいいです。」と転職の相談をいただくことが多いこと!!
新人看護師の話を深掘って聞いていくと、「自分の正確では急性期病院は合わないと思っていたけど、周りの流れや先生の勧めもあって急性期病院に入職してしまった。」そうです。まさに先生の啓蒙活動の賜物(笑)

客観的に見れば、自分の働く職場のことだから、もっと真剣に考えなさい!!と、活を入れたくなりますよね。
しかし今でこそ思いますが、私も20才そこそこの若い頃は「何がやりたい」「将来こうなりたい」なんて考えられなかったので…新人看護師のお気持ちもお察しいたします(笑)

これ以上、そんな不幸な新卒看護師を増やしたくないな~と、コンサルタントをしていると痛切に感じるのです。

精神科を選ぶ看護師ってどう思う?

さぁそんな不幸な看護師さんを尻目に、精神科を選ぶ看護師っているの!?そんな疑問もあります。
先の話でも出たように、精神科を選ぶ看護師は奨学金をもらっているケースが非常に多いです。
どこの病院にも多かれ少なかれ看護師の奨学金制度を持っていることも多いです。
精神科は不思議と看護助手をまず准看護師にし、その後正看護師を取得させるケースが多いです。
男性が多いので、2年で資格が取得でき、早く給与が高くなるように准看護師から選択する方も多いのかもしれません。
が…正直コンサルタントとして感じるのは、お礼奉公期間を引き伸ばすことで、看護師の定着を上げること…という病院側の都合も透けて見えるように感じます(汗)

准看護師として2年お礼奉公し、高看学校2~3年の学生中は准看護師として働きながら学生をし、更に正看護師取得後に2~3年のお礼奉公をする。
つまり准看護師のお礼奉公からトータル4~5年は看護師として人材確保ができる!
精神科の場合は看護基準も15:1、20:1、25:1と急性期病院に比べると低いので、准看護師の比率が高くとも問題ありません。

では純粋に新卒看護師で精神科を希望する方はいるのは?
もちろん、答えは「います!」です(笑)

精神科はすごく特殊な医療現場だと思います。
実習の時に驚いた方も、絶対に精神科だけは働けないという方も多いのが精神科。
その半面、精神科病院での看護業務に魅せられる方がいるのも精神科の不思議です。
実際に働く看護師の話では、急性期病院よりも比較的医師に対等な立場で物が言えたりする病院もあるため、看護師として、ひいては医療従事者としてのやり甲斐に繋がるのだそうです。

しかし実際の精神科病院というのは、言葉は悪いですが…ピンキリです。
そこで新卒看護師として、こんな精神科を選ぶべし!と思うのは、
・公的な精神科病院
・スーパー救急を持つ精神科病院
・教育、委員会、看護研究などきちんと行っている精神科病院
この3つは、選択肢の中に入れていただきたいです。

1つ目、2つ目は少し話が共通しますが、やはり精神科といっても急性期から慢性期、特殊なケースまで幅広い症例を看られることは、精神科看護師としての学びに繋がります。
精神科病院とは言っても、実際は社会的入院の患者様が大半を占めており、実は療養病棟みたいなところ…これでは、本質的な精神科医療を学べません。

3つ目の教育や委員会なども、実は大切な要素です。
看護師さんに聞くと、勉強会や委員会活動はやりたいくない方も多いですが、勉強会がないのは学びがない病院です。
それに委員会活動が確立されていない病院は、安全などの面でも守られていない組織であるようなものです。
精神科病院は一般病院に比べると准看護師の比率が高いことからも、教育がおざなりになっているケースが多く見られます。
きちんと学べる病院を、新卒看護師には選んでいただきたいのはコンサルタントとしての本音です。

転職サイトを使うメリットとデメリットについて

就職活動先については、色々考えてきました。
昨今「看護師 就職」「看護師 転職」と調べると、転職サイトや看護師紹介会社のサイトがたくさん出てきます。
そこでフト、新卒看護師でも紹介会社って使えるの?って思ったことがありませんか?

紹介会社は、ある程度経験のある看護師向けのサイトであることが多いです。
しかし新卒看護師の求人がまったくないわけではありません。

転職サイトを使うメリット

実は忙しい看護学生時代。
実習、レポート、予習に復習。ここに更に就職活動となると、なかなか時間が確保できません。
でも就職先として、どんな病院があるか色々な情報もGETしたいですよね。

そんな時、大学病院から療養、リハ、精神科病院まで数え切れないほどの求人と病院の情報を持っている紹介会社は、目からウロコの存在です。
実際に働く人の話も聞けるし、病院の説明会では聞けない裏情報も知ることができます。
そして希望を伝えれば、複数の病院を紹介してくれ、更には面接や見学の調整まで希望の日程で行ってもらえるので、スムーズに就職活動を行えるのが、一番のメリットと言えます。

転職サイトを使うデメリット

一番のデメリットは、新卒看護師の場合はたくさんの求人から選べるほど、求人がないことです。

先にもお話した通り、経験者の求人を多く持つのが紹介会社です。
新卒看護師は紹介会社経由で採用しないという、大学病院などもあります。
そこは上手に情報を得ながら、就職活動を進めていくのが良いでしょう。

転職サイト選びまとめ

ネット上では、たくさんの紹介会社があります。
大手から個人の会社まで様々ですが、サイト選びをする時のポイントにしていただきたいのは、
・名前を聞いたことがある会社(大手の紹介会社)
・サイトの情報が見やすい会社
・掲載求人が多い会社
・最新の情報に更新している会社
・コンサルタント情報がある会社
これらを目安に、自分の合った紹介会社のサイトを見つけていただければと思います。

紹介会社への登録は、決して1ヶ所でなければいけないということはありません。
紹介会社によって持っている求人も情報も異なります。
同じ条件で登録をしても、案内される病院は全く違うこともよくある話です。

担当コンサルタントとの相性も含め、2~3社くらいを目安に就職相談をしてみることも良いでしょう。

具体的な転職会社の特徴についてはこちらでまとめています。

履歴書の志望動機の書き方【精神科看護師への転職】

前回、精神科看護師の志望動機は何でも良い!
と書きましたが、実際に転職するとなると履歴書の志望動機の欄は避けては通れません。
さすがに「楽そうだから」とは書けないですよね^^;

他の人がどう書いているかはわかりませんが、私が精神科病院へ転職した時の志望動機を一例として挙げておきます。
最初に言っておきますが、どこかの優れたサイトに載っているような模範の回答では全くありません。
面接官の気持ちもわからずに書いているので、何の参考にもならないかもしれませんが、
こんなのでも面接受かったんだ…という程度に見てください。

また、私は今の病院の前に大学病院の一般科と精神科で働いていた経験があるので、そのことを書いています。

「一般病棟では、周手術期や癌看護を通して身体的な知識や技術を学びました。癌や終末期の患者様と関わる中で心のケアの大切さを感じ、精神看護に興味をもちました。その後精神科に配属され、改めてコミュニケーションの大切さや、個別的な看護の重要性を再認識しながら取り組んでまいりました。また、精神科では多職種も含めてスタッフ同士の情報共有を密に行い、チーム全体で患者様へ関わる姿勢が身についたと思っています。しかしながら、急性期の病院であったこともあり、精神看護の極一部にしか携われていないと感じています。治療を行うだけでは、退院後に再発のリスクが高く、継続した支援が必要だとも感じました。貴院では、退院支援や退院後の継続した支援にも力を入れて取り組んでおられるところに魅力を感じました。これまで得た知識を活かしながらも学びたい気持ちが強く、志望いたしました。」

とこんな感じのことを書きました。

一応気をつけた点としては、
・今まで何を学んできたかを書く
・病院の特性をHP上や看護師の転職会社さんから情報を得て、それに合わせて今後何を学びたいかを明確に書く
・協調性があることをアピールする
・学ぶ姿勢があることをアピールする

という以上の4点です。

一応一生懸命考えて面接に臨みましたが、志望動機については特に何も触れられることなく面接は終わりました。
その時はちょうど看護師が足りていなかったようなので、多分よっぽどでなければ落ちなかったんじゃないかと勝手に思っています(*´艸`*)

履歴書の書き方についても、転職会社さんからアドバイスをもらったり、直前にチェックもしていただけたので心強かったです。
書き方に困ったら転職会社さんに相談してみるのも良いですね。

こんな感じですが、もし少しでも参考になれば幸いです。
面接を乗り切って、一緒に精神科で働きましょう(*^^*)

 

わたしが精神科看護師を志望した動機

私は、小さい頃から思っていることを表現することがとても苦手で、よく周りから
「変わった子」「何考えてるかわからない」と言われることが多かったです。
それが子供ながらにすごく悲しかったことを覚えています。

少し大袈裟ですが、自分が思っていることを誰にも理解してもらえない、という悲しさを常に感じながら過ごしていたように思います。


看護学部に入学し、大学1回生の、まだ看護について何も知らない時、授業で初めて精神科というものに触れました。
それまでは、精神科について考えたことも、考えようとしたこともありませんでした。

授業を受ける中で、これまで、精神障害者の方たちは、社会の無理解による偏見から悲惨な処遇を受けてきたという事実を恥ずかしながら初めて知ったのです。

ただ病気であるというだけで、なぜこんなにもひどい扱いを受けなければならないのか、ととても悲しい気持ちになりました。
病気の苦しみと、病気を理解してもらえない苦しみと、掛け合わさって一体どれだけ苦しいのだろう。。と考え始めたのです。

そして、こんなに深い歴史と自分の小さな悩みを一緒になんてしてはいけないのだけれど、
「周囲に理解してもらえない」という部分に自分を重ねてしまいました。

これが精神科に興味を持ちだしたきっかけです。
それからむくむくと精神科に対する興味が増していき、
「将来精神科の看護師になりたい!」と思うようになったのです。


これは私の一例ですが、精神科で働くにあたって、きっかけなんて何でも良いと思います。働いてみて、思いました。
もちろん熱い想いがあって精神科で勤めている方もおられますが、
私が見ている中では、精神科に特に興味があるわけではないけれど、
「楽そうだから」「残業が少ないから」「お給料が良いから」、
などの理由で働いている人もたくさんおられます。

私も、元々精神科に興味があったというのもありますが、
結婚して転職を考えた時に、家事との両立をしたかったのと、今後子どもができた時のことを考えると、
残業が少なく体力的にも負担の少ない精神科は条件としてもとても魅力的でした。

実際、今の精神科病院では、残業がほとんどないため、小さいお子さんがいるママさんナースや、
体力的に一般科はしんどくなってきたから、という理由で働いている少し年配の先輩ナースが多いです。
他の科はすべて経験してきたから、あとは精神科でコンプリート!というベテランナースさんも何人かおられます。

 きっかけは何であれ、精神科に携わろうと少しでも思ったのであれば、それが立派な理由だと思います。
病院側も、理由なんてさほど気にしていませんしね。

 もし、こんな動機で良いのかな…、特に理由はないんだけど…
なんて悩んでいる方がいらっしゃれば、胸を張って精神科への一歩を踏み出してみてほしいです
一般科とは一味違った、看護の新しい世界が見えてくると思います(^^)

次は履歴書の書き方をご紹介します。