【精神科のICU】保護室での看護の注意点

保護室とは、精神症状が特に悪い患者さんを隔離するための部屋です。
詳しくはこちらを参考にしてください

今回は、その保護室で行う看護について、私が注意していることをご紹介します

患者さんの安全の確保

保護室には、精神状態が特に悪い患者さんが入られます。
落ち着いているように見えていても、突発的に何をするかわかりません。
一番大切なことは、患者さんが部屋の中で安全に過ごせるようにすることです。

何もない部屋の中だから何もできないと思うかもしれませんが、
壁や床に頭を打ちつける患者さんもいれば、服で首を絞める患者さん、
トイレットペーパーを口に大量に詰め込んで窒息しようとする患者さんなど、油断はできません。
寝ているように見えても、本当に息をしているかの確認も大切です。

隔離中や拘束中は常時の観察とその記録を残すことが法律でも定められています。
具体的な頻度は提示されていませんが、私の病院では、
最低でも隔離中は30分に1回、拘束中は15分に1回の観察を行うようになっていました。
それほど観察は大事ということですね。

落ち着かない様子がみられれば頓服薬を与薬して経過をみたり、
それでもおさまれなければ医師に報告して追加の薬や対応を検討してもらいます。
一刻を争うような状況であれば、保護室内で拘束を行う場合もあります。

保護室は、精神科でのICUという感じで、患者さんの様態も変化しやすいです。
患者さんの変化を見逃さないように観察を行い、患者さんに安全を提供したいですね。

部屋からの脱走

保護室に入る際には必ずその理由を患者さんに説明しますが、患者さんすべてがきちんと理解できるわけではありません。

「閉じ込められた」と感じる患者さんは少なくありませんし、隙を見つけて脱走を試みようとしている患者さんもおられます。

そのため、ドアを開ける際には、患者さんが飛び出さないように細心の注意を払わなければいけません。

保護室に訪室する時には、必ず2人以上のスタッフで対応します。
患者さんに隙を見せないようにするためと、何かあった場合にすぐに対応できるようにするためです。

ドアを開ける前には小窓から中の様子を伺い、興奮している時やドアの前にへばりついているような時は一旦改めた方が良いでしょう。
無理はせず、状況に応じて臨機応変に対応することが大切ですね。

セルフケアの充足

保護室の中には何にもありません。
そのため、患者さんは自分で何もすることができません。

治療上患者さんの自由を制限しているわけですから、その分できないことは看護師で補わなければいけません。

洗面や歯磨き、お風呂も自由に入れません。
トイレは外からしか流せないようになっているので、確認してトイレを流すことも必要です。
食事のセッティングや飲水の管理も看護師です。

行動がはちゃめちゃで、部屋の中が糞尿だらけなんてことも稀ではありません。
部屋の中の掃除もマメに行いたいですね。

患者さんの状態によっては、部屋に入れるタイミングが限られてしまいますが、スタッフを集めて短時間で濃いケアができるように工夫したいですね。

自分自身を守る

精神科に入院されている患者さんの中で、暴力的で危険な方は、それほど多くはありません。
ほとんどが優しい患者さんです。

それでも、油断は大敵。忘れた頃に何が起こるかわからないというのが精神科でもあります。

保護室に入る際は2人以上のスタッフで、というのは自分たちの身を守るためでもあります。
保護室を開ける時には、普段ポケットに入れているようなペンやメモ帳、名札なんかもすべてナースステーションに置いていきます。

万が一取られたりしたら患者さんも自分たちも危ないですしね。

保護室に限ったことではありませんが、精神科では自分自身を守るという意識を忘れないでくださいね。

 

保護室に入っている期間は長くない

このように、少し特殊な保護室という部屋ですが、患者さんが入っている期間は長くはありません。

本当に症状が悪い時に、ある程度落ち着くまでの間保護室で過ごしてもらいますが、
状態に応じて保護室から閉鎖病棟開放病棟へと順に移っていきます。

一般病棟で考えてみると、ICUで重症の時期を過ごして、
落ち着いたら一般病棟に戻ってきて治療しますよね。そんな感じです。

精神科病棟、特に保護室には「怖い」イメージがあるかもしれませんが、
良くなっていく姿が見られるのはやはりどの科であってもとても感動しますよ☆

それに、一度その良くなっていく過程を実際に自分で見ると、
患者さんに対してそこまで「怖い」という印象は抱かないと思います。
治療が進んでいくのが楽しみに思えますよ(^^)

なんとなく雰囲気がわかっていただけたでしょうか。

精神科で働きたいと思ったら、看護師転職サイトに登録して、
自分に合った病院を探しましょう♪

 

【精神科病棟の保護室とは】ブラジャー無しで入室

精神科病棟には、必ず保護室という部屋があります。

保護室とは、精神症状が特に悪い患者さんを隔離する部屋です。

閉鎖病棟の中に設置されている場合もあれば、保護室だけ独立して作られていることもあります。

保護室とは、患者さんの安全を確保する部屋

保護室は、部屋の外側から施錠されていて、中からは開けられないようになっています。
これを隔離と言います。
隔離を行うべき状況は、
ア 患者との人間関係を著しく損なうおそれがある等、その言動が患者の病状の経過や予後に著しく悪く影響する場合
イ 自殺または自傷行為が切迫している場合
ウ 他の患者に対する暴力行為や著しい迷惑行為、供物破損行為が認められ、他の方法ではこれを防ぎきれない場合
エ 急性精神運動興奮等のため、不穏、他動、爆発性などが目立ち、一般の精神病室では医療または保護を図ることが著しく困難な場合
オ 身体合併症を有する患者について、検査および処置等のため、隔離が必要な場合

と精神保健福祉法にあげられています。

そして、隔離以外ではこれらの危険が避けられない場合に使用されます。

精神科をあまり知らない方は、「暴れている患者さんを閉じ込める」という認識が強いかもしれません。
しかし、それは一部の例であって、全てではありません。

うつ状態で死にたいと思っている患者さんは、看護師の目の行き届かないところに行ってしまうと自殺企図をしてしまうかもしれません。

興奮状態の患者さんは、目に入る全てのものに反応し、どんどん興奮が増していくこともあります。

外の刺激に対して恐怖心が強かったり、誰かから追われているという妄想が強い患者さんは、
自ら遮断された環境を望み、本人の意思で保護室に入る方もおられます。

また、例えば身体的な治療のために絶飲食しなければいけない時に、患者本人では理解ができず指示が守れない場合などが(オ)に当てはまります。

すべて患者さんを守るため、安全を確保するために使用するのです。

 

保護室の中には布団とトイレだけ

普通の個室で隔離を行うこともありますが、保護室は何が違うかと言うと、基本的に部屋の中には何もありません。
寝るための布団が一式あるのと、トイレがあるだけです。
あと紙コップにお茶を入れて置いています。
その他の荷物の持ち込みは一切禁止です。
女性であればブラジャーもはずしてもらいます。

これも、患者さんを守り、過剰な刺激を減らして静穏に過ごせるようにするためです。

部屋に物があると、攻撃性の高い患者さんであれば、物にあたり怪我をしてしまうかもしれません。

死にたいと考えている患者さんは、少しの突起物でもあればシーツや服などをぶら下げて首を吊ってしまう恐れがあります。
そのため、壁に突起物は何もなく、死角をなくすためにトイレにもドアはついていません。
首を絞めることができないように、布団のシーツやカバーもはがしています。

攻撃性がなかったとしても、興奮が高まっている状態では、少しの刺激にも敏感に反応して精神症状を悪化させてしまう場合もあります。

これらのことが起こり得るために、部屋は殺風景なほどに何もなく、刺激を最小限に減らしているのです。

それでも精神症状が悪い患者さんは、突発的に何を起こすかわかりません。
常に観察できるように、部屋には天井に監視モニターが内蔵されており、ナースステーションで映像と音声が確認できるようになっています。

隔離は医師の指示が必要

精神症状がいくら悪い方がいたとしても、看護師の判断で保護室へ連れていき隔離することはできません。

精神保健福祉法で
12時間以内の隔離であれば、医師の診察と指示、
12時間以上の隔離であれば、精神保健指定医の診察と指示が必ず必要となっています。

そして、患者さんがどのような状態であれ、なぜ隔離が必要であるのかの説明を患者本人に必ず行わなければいけません。
どんな理由で隔離を行うのか、いつから隔離を始めたのか、患者への説明をどのように行ったのかを明確に記録に残すことが定められています。

患者さんの自由を非常に制限してしまうことになるので、むやみに隔離できるものではありません。
医師が診察し、上に述べたような理由に当てはまると判断し指示を出した場合にのみ行われる非常に慎重な対応です。

自分が狭い部屋に理由も分からないまま閉じ込められたらどうですか?
嫌ですよね。
患者さんの気持ちや人権を考えて看護を行いたいですね。

保護室に入る患者さんへの看護について、こちらでご紹介します(^^)

閉鎖病棟について【精神科看護師の仕事内容】

開放病棟についてご紹介しましたが、今回は閉鎖病棟を紹介したいと思います。

閉鎖病棟は患者さんが自由に出入りできない

閉鎖病棟は、入口が常時施錠されている病棟です。
そのため、患者さんや面会者は自由に出入りすることができません。

病棟から出るには医師の許可が必要になりますし、出る場合も基本的にはスタッフか保護者の付き添いが必要です。

 開放病棟とは反対で、病識がなく、入院に対して納得していない場合も多いため、外へ出るとそのまま脱走してしまう可能性があるからです。
そのため、精神科での鍵の管理はとても重要で、絶対におろそかにしてはいけません。

患者さんは自分の意志で入院していない

閉鎖病棟には、下記のような患者さんが入院されています。

① 精神症状のために自傷他害の恐れがある
② 希死念慮(死にたい願望)が強く一人になれる場所を探している
③ アルコールや薬物依存症で、依存対象物を物理的に断たなければいけない
④ 外との関わりに疲れて、外部とは遮断された環境で休息したい

正常な判断ができない状態のため、入院の必要性も理解できないことが多いです。
そのような場合には、本人の意思による入院(任意入院)ではなく、
保護者による同意による入院
(医療保護入院)
または都道府県知事の命令による入院
(措置入院)となります

休息したい患者さんなど状態によっては、任意入院でありながら、本人の希望で閉鎖病棟に入られる場合もあります。

病状によっては、安全確保のために隔離や身体拘束が必要な方もいます。
精神症状から飲食ができずに点滴管理や経管栄養をしている人もいれば、
ADLが低い患者さんもおられます。
そのため、開放病棟と比べると身体的な管理や看護処置が多い傾向にあります。

看護師は観察力や判断力が必要

精神症状が悪い方はもちろん、落ち着いているように見えても急に衝動的な行動に出てしまう方もいます。看護師の隙を狙っている方もいます。
患者さんのちょっとした変化を見逃さず、色んな可能性を考えて危機管理の意識をもっておくことが大切です。
もちろん患者さんだけでなく、自分自身の身を守ることも忘れないでくださいね。

こう書くと少し怖いと感じてしまうかもしれませんが、
危機管理については、常にスタッフ全体で話し合って対応を考えているので、一人で抱え込む必要はありません(^^)

それに、精神症状が特に悪い患者さんは、「保護室」という部屋に入られます。
その「保護室」という部屋についてはこちらでご紹介しますね

閉鎖病棟は、開放病棟と比べると少しバタバタとすることもありますが、観察力や判断力が養われる環境があると思います。

患者さんには毅然とした態度で接する必要があるので、それが身について、
わたし個人的には「No」と言える人間になりました(笑)

状態が不安定な方も多いため、気を抜いてはいけませんが、
基本的には病棟内は毎日楽しく過ごしていますよ(^^)

精神科で働きたいと思ったら、看護師転職サイトに登録して、
自分に合った病院を探しましょう♪

開放病棟について【精神科看護師の仕事内容】

精神科病棟には、大きく分けると開放病棟と閉鎖病棟とがあります。

細かく分けると、認知症病棟や思春期病棟、女性病棟や男性病棟など、病院によって色んな病棟があると思いますが、今回は大きく2つに分けてご紹介しようと思います。

開放病棟の患者さんは自分の意思で入院している

開放病棟とは、時間の制限はありますが、入口が開いており、患者さんや面会者が自由に出入りできる病棟です。

病状が不安定であったり病識がなく治療の必要がないと思っている患者さんであれば、外に出ていってしまいます。

そのため、開放病棟に入院するのは、自分の病気や治療について理解できており、自分の意思で入院している患者さんが対象です。

患者さんは病状が落ち着いている人が多く、治療としては薬物療法を行いながら社会復帰や生活復帰の練習をしたり、
少し心が焦っている人にはゆっくり休んでもらうよう休息を促したりします。

患者さんと一緒に考える姿勢が大切

ADLは自立している人がほとんどなので、介護業務はそれほどありません。
ただし、生活リズムが崩れていたり、意欲が低下している人など、自発的になかなか行動できない人もいます。
そのような患者さんには、起床の声掛けであったりお風呂に誘導したり、できたかどうかの確認を行う必要があります。

患者さんはしっかりと会話できる人ばかりなので、困っていることがあれば手を出すのではなく、一緒に考えていく姿勢が大切です。
決して焦らず、急かさず、誘導するのではなく自分自身で考えて決定できるような支援が理想ですね。
退院後には自分でできるようになっていないといけませんからね。

しかし、これがなかなか難しくて理想にはほど遠かったりもするのですが…
一緒に考えることで、自分自身も成長できる環境があると思います。

患者さんは私たちと変わらない

会話の中で、患者さんの色んな人生経験を聞けて、驚くことや尊敬すること、面白話など、話題には尽きません。

精神科の患者さん、というと特殊なイメージがあるかもしれませんが、本当に私達となんら変わらない方たちばかりです。
少し疲れて、休憩したり練習したりしているだけ。
色んな話が聞けて、人生の勉強になりますよ。

開放病棟はこんな感じで、ゆっくりじっくり考えながら関われるような印象ですね。
患者さんとゆっくり関わる時間が好きという人に向いていると思います。

 次に、閉鎖病棟についてご紹介しようと思います(^^)